おすすめ飲食店フランチャイズ(FC)経営ランキング!特に人気のオーナー募集をご紹介!【安定利益で儲かると評判!】

飲食フランチャイズランキング!

飲食店は手堅く、安心して儲けられる優良ビジネスです!

近年、長い間信じ続けられてきた「終身雇用」「サラリーマン神話」が崩壊しつつあります。

「サラリーマンになっていれば将来安泰」という時代がウソであったかのように、大企業の景気悪化による大規模なリストラ、さらにはブラック企業による社会的問題の発生等、「ただ会社に勤めて働いてさえいれば大丈夫」という時代は終わりを迎えています。

それでは、現在サラリーマンとして働いている方々は、これからどうしていけばいいのか。

副業や個人事業主等方法はいろいろありますが、私はフランチャイズによる飲食店の運営をおすすめしています。
初期投資もそれなりに必要としますし、技術等の習得に大変そうなイメージはありますが、それでも一定の需要が見込めます。

人間が存在している限り、「食べる」という行為がなくなることはありません。
だから、下手をすると大企業の社員よりも安定した収入を確保できるかもしれないのです。

このサイトでは、そんな飲食店フランチャイズの中でもとくに評判のよいものを5つピックアップし、比較検討してランキング形式で紹介しています。
みなさまのお考えや姿勢に合うものが、きっとこの中に存在しているはずです!

飲食フランチャイズランキング一覧!

目指すは日本一のラーメン屋、急成長継続中

さまざまな飲食店フランチャイズ業者をリサーチし比較検討した結果、このランキングサイトの1位に輝いたのは「らあめん花月嵐」です。
「ラーメンは世界に誇る日本のエンターテイメントである」と豪語するこのラーメンチェーンは25年以上の実績250以上の店舗を持つ強豪飲食店とも言える存在です。
ただラーメンを販売しているだけでなく、有名ラーメン店主や人気ご当地ラーメンとのコラボ商品の開発を積極的に行っており、話題性にも事欠きません。

そしてこのらあめん花月嵐、全国規模での出店を積極的に推し進めており、フランチャイズ加盟店の大規模な募集を行っています。
この会社のフランチャイズを経由して人気ラーメン店の店主となっていった方の口コミによれば、そのサポートスタイルは「おせっかいな程面倒を見てくれる」とのこと!
ただ自己資金だけを受け取ってロクなサポートもしない悪辣なフランチャイズ業者も存在する中で、このらあめん花月嵐のスタイルはその対極にあるきわめて優れたものであると言えるでしょう。

高い確率で利益を出せる独自のプランや、素人でも一流ラーメン店オーナーになれるすぐれた教育制度等、とにかくいたれりつくせりなフランチャイズだと、個人的には考えています。

ジャンル
ラーメン
代表メニュー
(管理人チョイス)
嵐げんこつらあめん
特徴
・25年以上の実績と250以上の店舗
エリア
全国
最低開業資金目安
自己資金200万円から相談可
研修・サポート
・社内大学(40日間の座学および実施研修&充実サポート)
ステーキ店知名度ナンバーワンで、人気も高い

惜しくも2位のランキングとなったのは「いきなり!ステーキ」です。
このお店は全国展開しており、またとてもユニークな経営スタイルを行っているので、知名度は非常に高いです。
このサイトをご覧になられている方の中にも、このお店を頻繁に利用されているという方も多いのではないでしょうか。

近年特にその勢いを増している同社ですが、開業は昭和45年と、実はけっこうな老舗であり、様々なブランドで海外を含めて800店舗以上の展開をしております。

いきなり!ステーキ自体は2013年12月に1号店オープンで、現在300店舗以上あります。

ステーキハウスといえば「おいしいけど高い!」というイメージが先行し、なかなか足を運びづらい場所でしたが、このお店は立ち喰い店舗や量り売り等の独自の手法によってそういったイメージを一新!
おいしくて安いステーキ屋として不動の人気を獲得しています。

そんないきなり!ステーキでも、フランチャイズ加盟店を公式HP等で募集しています。
男性客だけでなく、若い女性客からの支持率も高いこのお店、今後の成長にも充分期待が持てます。

開業資金の高さがネックではありますが、今のうちにフランチャイズへ加盟しておくというのも悪くありません。
是非、検討してみてはいかがでしょうか。

ジャンル
ステーキ
代表メニュー
(管理人チョイス)
リブロースステーキ(量り売り)
特徴
2013年12月に1号店オープンで、現在300店舗以上
エリア
全国
最低開業資金目安
4,500万円程度
研修・サポート
開店指導フォローなどの充実した本部サポート
関東での運営に強く、サポートが充実している

3位にランキングしたのは、和風レストランの「大戸屋」です。
大戸屋は主に関東地方に多く出店していますが、それ以外の地域でも北海道や大阪、名古屋等主要都市に進出しており、そういった意味では全国規模であると言えるでしょう。
店舗数のみで判断すれば、関東での経営に強みを持っていると言えるかもしれません。

この大戸屋のフランチャイズにおける強みは、オーナーを助けるためのサポートが充実しているということです。
オーナーに最大限の裁量権を与え、その後はその判断に任せるという業者も中には存在していますが、大戸屋はどちらかというと自由度よりもサポート性を優先し、あらゆる面で負担を軽減するための制度やシステムを用意しています。
こうした点は賛否分かれるところではありますが、どちらかと言えば今まで店舗運営をしたことがない、新米のオーナーと相性がよいかもしれません。

開業資金の目安についてですが、これは5000万円と少々他店舗と比較して高額になっています。
加盟金や保証金等も必要です。
経営者でない個人でもフランチャイズオーナーとなることが可能ではありますが、初期投資の資金調達等事業計画について確認が必要となる場合があります。

ジャンル
和食レストラン
代表メニュー
(管理人チョイス)
野菜のせいろ蒸しとたっぷり野菜の麦みそ汁定食
特徴
主要都市に展開し、特に関東での運営に強い
エリア
全国(関東に集中)
最低開業資金目安
5,000万円程度
研修・サポート
47日間のオープン前研修
近年その知名度と評判向上中のコーヒーハウス

4位にランクインしたのは、「コメダ珈琲店」です。
コーヒーハウスと言えばこれまではスターバックスやドトールなどでしたが、ここ数年の間で知名度が向上し、出店数も増加しつつあります。

いったいコメダ珈琲店の何が高い評価を受けているのか?
それは、他のコーヒーハウスと比べて「品質」の面にかなり重きを置いているからでしょう。
これまでチェーン店のコーヒーハウスというのは個人事業のお店に勝てないと言われ続けていましたが、コメダ珈琲店が勢力を伸ばしはじめてからその常識が変わりはじめてきました。
コメダ珈琲店が提供している世界中から激選されたコーヒー豆を使用したオリジナルブレンドは、他のどのようなコーヒーハウスですら出せない、格調高い味わいをウリとしています。
また、スイーツもコメダの主力商品と言えます。
コメダのスイーツは決して甘すぎず、かといって薄みでもないちょうどよい味として、若い女性のみならず男性からも好評のようです。

こうしたさまざまな魅力を武器に、コメダ珈琲店は順調に成長し続けています。
今後さらなる全国展開を続けるために、フランチャイズオーナーを積極的に募集しています。
個人、法人双方募集中です。

ジャンル
コーヒー
代表メニュー
(管理人チョイス)
ブレンドコーヒー/シロノワール
特徴
知名度が向上し、出店数も増加中
エリア
全国
最低開業資金目安
8,500万円程度
研修・サポート
70日間の充実した集中研修
創業10年で弁当チェーンナンバーワンの強豪

このランキングの最後に紹介するのは、株式会社プレナスが運営している「ほっともっと」です。
本来のフランチャイズであった「ほっかほか亭」と袂を分かち、独自のフランチャイズとして立ち上がったことは広く知られています。

まだ創業10年の企業でありながら、ほっともっとは同業界の店舗数においてナンバーワンとなっているようです。
当初は早期撤退論もささやかれていましたが、そうしたネガティブな要因を次々とはねのけ、わずか10年で弁当業界のキングと呼べるほどの成長を遂げてしまいました!

その強みとしては、天然素材のこだわりやカロリー健康の重視、そしてバラエティ豊かなメニューのタイミングのよい投入等さまざまではありますが、現在でのなお店舗数を増やすため、積極的なフランチャイズ加盟店を募集しています。

お弁当屋というのは薄利多売なイメージがありますが、携帯性に優れており、レストランのように大きな敷地を必要としないので手軽に出店できるというメリットも持っています。
そうした事情を考慮し、参入のためのハードルも他社と比較するとかなり低くなっています。 コストパフォーマンスという点のみを見れば、かなり優秀な部類に入ると言えるでしょう。

ジャンル
手作りお弁当
代表メニュー
(管理人チョイス)
のり弁当
特徴
弁当チェーンで店舗数ナンバーワン
エリア
全国
最低開業資金目安
500万円程度
研修・サポート
豊富な新メニューや期間(地域)限定メニューを定期的に用意

サラリーマンから脱サラし、飲食店オーナーを目指す理由

まずは、このサイトへご訪問いただいた方に向けて、あいさつをしなければなりませんね。
飲食店経営において「いらっしゃいませ」等のあいさつは何よりの基本ですから。

私(とくにHN等は決めていません)は東京都内に住む40代の男性で、妻と二人の子どもを養っています。
現在は一応会社に勤めてはいるものの、定年まで居座るつもりはありません。
近い将来、飲食店のフランチャイズに加盟し、オーナーとして独立しようと考えています。

ちなみに、私の会社は決して超大企業というわけではありませんが、ひょっとするとみなさんも知っているかもしれない、そこそこの知名度を誇る会社です。
そんな会社の正社員の座を降りてまで、飲食店フランチャイズのオーナーを目指す理由は何か。
それに関して、この項目で説明を行っていきましょう。

まずひとつめの理由は、企業の正社員、すなわちサラリーマンという立場にむなしさと焦りを感じているという点です。
今でこそ業績は安定しているわが社ではありますが、かつて20年ほど前、倒産するかしないかとまでの瀬戸際に立たされたことがありました。
そのときに行われた対策として、多くの社員の退職勧告措置、すなわちリストラが行われたのです。
その際、新卒まもない新入社員であった私はターゲットにこそなりませんでしたが、今まで会社のために身を粉にして働いてきた人々が、まるで「いてはいけない存在」のように退職を迫られるのを目にし、複雑な心境となったのを覚えています。
そして、現在私は40代。
今のところは何もありませんが、いつまた大規模な不景気が発生し、かつてのようにリストラが行われるかもしれません。
その際はおそらく、私もその対象となってしまう可能性があります。
そのときにジタバタしても、もはや遅いでしょう。

また、自分の時間をコントロールしたいという願いもありました。
サラリーマンとして働いていくにつれ、それほど給与は上がらないにも関わらず責任は重くなり、会社に拘束される時間が長くなっていくという負のスパイラルを実感するようなことがたびたびありました。
独立をすれば、そうしたジレンマにがんじがらめにされず、子どもの成長を見守りながら自分の裁量で自由に働くことができるでしょう。

そして最後は、知り合いの人間の「脱サラ」を間近で体験したということです。
その知り合いはわが社のエリート社員的な立場の人間であり、重役からもその将来を大きく期待されていました。
ところが、ある日突然自主退職を行い、会社から去ってしまったのです。
いったいなぜなのか、私が理由を訊いたところ彼は「自分だけのラーメン屋をやりたい」と教えてくれたのです。
そのときは正直言って「失敗するに決まっている」と思っていました。
大企業の社員からラーメン屋だなんて、頭がおかしくなったとすら思えるほど無謀に感じられたのです。

しかし数年後、店に招待された私が見たのは、彼の店の前にできた行列でした。
彼の店はいわゆる「行列のできる店」として、有名なグルメ雑誌や口コミ系サイトで高評価を獲得できるほどに大成功したのです。
そのラーメンはとてもおいしく、厨房で働く彼の顔は今までに見せたことがないまぶしいものでした。

そのときはじめて「自分も飲食店を持ち、彼のような人生を送りたい」と思えるようになったのです。

飲食店を目指すならば、フランチャイズがもっとも近道

そうして私はいつ崩れるかわからない正社員の道から、飲食店オーナーの道へと飛び出す決意を固めました。

とは言ったものの、彼のようにラーメンに対する豊富な知識も、またスキルも持ち合わせていなかった私は、さっそく暗礁に乗り上げてしまいました。
これまでお店を経営したこともなく、また料理に関する知識や技術もない私がいきなり飲食店をオープンするなんて、それこそ無謀きわまりないことだったからです。

そんなとき、ハッと思いついたのが「フランチャイズ」という事業形態でした。
大手チェーンのフランチャイズに加盟し、事前に研修を受けた上で出店を行えば、裸一貫で独立するよりもはるかに成功率が高まります。
店舗経営スキルも飲食物に関する知識もない私にとっては、これがもっとも有効な手段だと考えました。

さっそくリサーチを行ってみると、とてもたくさんのフランチャイズ元を見つけることができました。
ラーメン屋やカレーハウス、コーヒーハウスにファミリーレストラン等、よくもまあこれだけの飲食店が日本にあるものだという驚きすら感じてしまいました。
私はこうした店舗に関し、WEB情報のみならず電話での問い合わせや資料の送付に説明会参加等さまざまな方法でリサーチを行い、自分のスタイルともっとも相性のよいフランチャイズ元を探しました。

これには実に数か月もの長い月日がかかってしまいましたが、そのかいあってようやくもっとも相性のよいフランチャイズ元を見つけることができました。
すでに企業と事前に何度か話し合いを行い、近々会社をやめてそのフランチャイズに加盟し、飲食店のオーナーとして独立する予定です。

そうした私の経験を、他の独立希望者にも役立ててほしい。
このサイトは、そうした考えの元作成しました。
フランチャイズの加盟というのは高い初期投資が必要となるため、決して失敗できません。
だからこそ、このサイトをはじめ多くの情報源にあたり、リサーチを行うことが必要不可欠。
みなさんのフランチャイズ選び、心より応援しています。

飲食店のおすすめフランチャイズ情報一覧

さて、本サイトではおすすめの飲食店フランチャイズを比較ランキングにて紹介しましたが、情報を簡潔にまとめて一覧にしてみたので、おさらいしてみましょう。

それぞれ人気のフランチャイズで、オーナー募集にも力を入れている飲食店ばかりなので、特徴などをしっかり把握して存分に検討してみてください。

各飲食店フランチャイズの詳細情報をもっと知りたい方は、本サイトのそれぞれの詳細ページや公式サイトもチェックしてみてくださいね。

イメージ1
2
3
45
FCブランド名らあめん花月嵐(グロービート・ジャパン株式会社)いきなりステーキ(株式会社ペッパーフードサービス)大戸屋(株式会社大戸屋)コメダコーヒー(株式会社コメダホールディングス)ほっともっと(株式会社プレナス)
ジャンルラーメンステーキ和食レストランコーヒー手作りお弁当
代表メニュー
(管理人チョイス)
嵐げんこつらあめんリブロースステーキ(量り売り)野菜のせいろ蒸しとたっぷり野菜の麦みそ汁定食ブレンドコーヒー/シロノワールのり弁当
特徴・25年以上の実績と250以上の店舗
35万人以上のネット会員による強いマーケティング力
・2013年12月に1号店オープンで300店舗以上を全国展開
・優れた利益回収システム
主要都市に展開し、特に関東での運営に強い知名度が向上し、出店数も増加中弁当チェーンで店舗数ナンバーワン
エリア全国全国全国(関東に集中)全国全国
開業資金目安自己資金200万円から相談可4,500万円程度5,000万円程度8,500万円程度500万円程度
研修・サポート・既存店引継ぎ開業プラン
・社内大学(40日間の座学および実施研修&充実サポート)
・社員独立制度有り
・開店指導フォローなどの充実した本部サポート
・指導しやすいシンプルオペレーション
・新メニューの開発や仕入れも本部が代行サポート
・47日間のオープン前研修
・70日間の充実した集中研修
・地域に合わせた経営戦略、自由度の高い経営をサポート
・調理マニュアル用意有り
・事前研修有り
・豊富な新メニューや期間(地域)限定メニューを定期的に用意
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

私のおすすめを厳選したので、どれも魅力的だと思うのですがいかがでしょうか。
一覧にすると細かい違いなどが見やすくなり、より比較しやすいかと思います。

やはり注目すべきは開業資金の違いや特徴といったところでしょう。
また、おすすめのフランチャイズとして、研修制度が整っているのは大前提ですが、その仕組や開業前・開業後のサポートにも違いが見えるので、自分の希望や理想にあったフランチャイズを選び、飲食店のオーナーとして躍進していただければと思います。

フランチャイズにはたくさんのメリットがある

さて、フランチャイズという事業形態について、まだあまり多くのことを知らないという方もたくさんいらっしゃるでしょう。
そうした方のため、まずはフランチャイズへの加盟がどういったメリットを持つのか、自分で独立するよりも何がお得なのかを解説いたします。

フランチャイズ加盟の最も大きなメリットは「ブランド力」の獲得です。
たとえば自分一人で飲食店を立ち上げたとしても、その際のブランド力というのは0に等しいものです。
知り合いを除きほとんどの方が店名を知らないので、遠くからわざわざお客さんがやってくるということもありません。
宣伝効果もないに等しいと言えます。
このような状況を改善するには宣伝を行わなければなりませんが、それにもまた決して少なくないお金がかかってしまうのです。

その一方、フランチャイズ加盟店であれば、全国規模のチェーン店の名前を借りてオープンするので、当初から高いブランド力と知名度が期待できます。
また、宣伝に関してもフランチャイズ元が積極的に行ってくれるので、苦心させられることはありません。

また、スキルに関しても有利な点があります。
個人で飲食店を立ち上げる場合、料理のスキルというのはオーナーであるあなた自身にほぼ100パーセント依存します。
だから、「おいしくない」と不評があっても改善することがなかなか難しいです。
それに加えて経営ノウハウも一から自力で勉強を行う必要があり、そうした点で多くの方が行き詰まってしまっています。

ほとんどのフランチャイズ元は、加盟したオーナーに向けて長期間の事前研修を行っています。
これによって、料理のスキルや経営に関するノウハウをじっくりと学ぶことができ、失敗するリスクを減少させることができるのです。
加えてオープン後も、SV(スーパーバイザー)による店舗訪問やアドバイスを受けることができ、問題点を速やかに解決できるようになっています。

さらに、意外と知られていない重要なポイントが、銀行との関係性についてです。
飲食店を立ち上げるにあたっては莫大なお金が必要となるので、必ずといってよいほど銀行をはじめとする金融機関から融資を受けなければなりません。
しかし、無名の個人飲食店の場合、このハードルがかなり高いです。
成功するかどうかわからない、名前も聞いたことのない飲食店に対して、銀行はなかなか重い腰をあげてくれません。
その事業が成功するか失敗するか、まったくわからないからです。
そのため、詳細なデータや資料を持ち寄り、矛盾のない説明を行えるだけのスキルが必要となりますが、これが多くの人にとっては困難に感じるでしょう。

その一方、フランチャイズ加盟店はすでに全国展開している大企業と関係があるため、銀行側も好印象をもって迎え入れてくれます。
いざという際の融資にも快く応じてくれる可能性があるのです。

こうしたさまざまなメリットをふまえた上で、フランチャイズ選びを行っていくとよいでしょう。

まとめ

個人経営は全て自由に店舗経営ができる反面、ブランド力もない状態からサポートなしで立ち上げていかなければいけません。
既にフランチャイズのメリットをお伝えしましたが、個人的には研修やサポートを受けながら人気飲食店のオーナーとして経営できるフランチャイズはとても魅力的だと思います。

飲食店経営を成功させるためにも、本サイトのランキングや、各記事を参考にしていただき、フランチャイズの強みを存分に活かしてみてはいかがでしょうか。
 

 

記事一覧

飲食業のフランチャイズの選び方は、最初に比較サイトを利用して飲食業に特化したフランチャイズを比較することです。 ・・・[続きを読む]
フランチャイズの最大の魅力は、本来ならサービス周知に費用や時間を必要とするところ、商標を初めとした本部企業のブ ・・・[続きを読む]
フランチャイズとは、お店をやりたい人がお店を運営している企業の看板を借りて、そのお店の加盟店として営業する事で ・・・[続きを読む]
フランチャイズ(FC)形態の店舗営業は日本でも大変普及しています。 自分で事業を始めたいという人の中で、いきな ・・・[続きを読む]
有名な飲食店では、フランチャイズを行い店舗展開を広げているところがたくさんあります。 マクドナルドやCoCo壱 ・・・[続きを読む]
フランチャイズには運営ノウハウの教示、看板の知名度など個人で開業するよりメリットがたくさんあります。 今回は、 ・・・[続きを読む]
フランチャイズの飲食店への加盟は、有効に利用すれば商売を行う上で便利な方法ではありますが、実際に加入を行う前に ・・・[続きを読む]
フランチャイズで飲食業に参入すると、個人で始めるよりも効率的です。 自分に合ったものを選ぶためには自己資金を用 ・・・[続きを読む]
飲食店フランチャイズに加盟する場合の手続きはとても簡単で、そこまで難しく考えることはありません。 どちらかとい ・・・[続きを読む]
フランチャイズ店で出店する際にはメリットとデメリットがあります。 立地条件は来客数に影響しますが、地域と店舗が ・・・[続きを読む]
世の中はカフェ、ファーストフード、お弁当等のフランチャイズ展開をしているお店で賑わっていますが、何故こんなにフ ・・・[続きを読む]
フランチャイズという言葉を聞いたことある人も多いとは思いますが、どのようなものかをご存知ですか? フランチャイ ・・・[続きを読む]