おすすめ飲食店フランチャイズ(FC)経営ランキング!特に人気のオーナー募集をご紹介!【安定利益で儲かると評判!】

飲食フランチャイズの税務調査の注意点を知ろう

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/07/30

一般的に税務調査というと何か脱税など税金の扱いに対して問題があった場合におこなわれるイメージを抱く人が少なくありません。

またその際は厳しい対応となるのではないかと心配する人もいますが、こうした心配は経験だけでなく持っている情報が少ないがために起きてしまうこともあり得ます。

税務調査とは一体どういったものか

国民の三代義務の1つが納税ですが、ときにはそれが正しくおこなわれない場合もないわけではありません。そこで、税務署では申告した所得や税額が本当に正しく法律にのっとって計算されているかどうかをチェックする必要があります。この税務署によっておこなわれるチェックのことを税務調査といい、一般的にはどの会社も3年から5年に1回くらいのペースでおこなわれています。

なぜ税務調査をおこなわなければならないのか

正しく税金を納めていれば何も問題はないのですが、日本では法人税や個人所得税は、納税者自身が計算して申告して納めるスタイルを取っています。もちろんそこでミスが起きなければ良いのですが、計算間違いや勘違いで正しく納税できていないこともあり得ます。また中には意図的に納税額を少なめに申告するケースも出てくる可能性があるので、申告が正しいかどうかをチェックしなければなりません。

飲食フランチャイズの場合、その名称やノウハウは本部のものを利用できますが、税金に関して本部が全ておこなってくれるわけではありません。申告はそれぞれのお店のオーナーがおこなう必要があり、フランチャイズ契約しているかどうかは全く関係ないことです。

ただ、税金の扱いに慣れていない人も少なくないので、定期的にチェックして本当に正しく納税されているかどうかを調べる必要が出てきます。したがって、イメージにあるような脱税などなにか問題があるから税務調査が行われているのではないことを理解しておきましょう。

しっかりと正しく税金の計算をしていたとしても、お店を開いている場合、会社を経営している場合などは必ず調査は入ります。ただあくまでも3年から5年に1回というのは平均の値に過ぎず、実際にはもっと頻繁におこなわれてしまうところもあります。反対に5年以上間が空いているにもかかわらず、全く税務署のチェックが入らないところもあると理解しておきましょう。

対応に関して知っておきたいこと

税務調査は、強制調査と任意調査の2つに分けることができるようになっており、強制調査の場合は納税者の承諾なしでおこなわれます。また任意調査は納税者の承諾があってから調査をおこなう形ですが、任意だからといって簡単に断れるわけではありません。この場合は断れる正当な理由がないかぎり、罰則対象とみなされてしまうので注意しなければなりません。

とはいえ、アポなしでいきなり突入というのではなく、通常は電話によって事前通知がおこなわれることになっています。だから、まず連絡が来たら日程調整をおこない、その後調査の当日を迎える形となっています。ただ、現在では帳簿が電子帳簿になっていることもありますが、この場合は印刷しておかなければならない場合が多いのでその点には気をつけましょう。また、直近3年分の帳簿を調査するのが一般的となっているので、聞かれた内容に対して答えられるように少し目を通しておくことをおすすめします。

 

正しく税金が納められているかどうかをチェックする目的で税務調査はおこなわれますが、だいたい3年から5年に1回おこなわれます。調査自体は強制調査と任意調査に分かれますが、任意でも正当な理由がないかぎり調査を断ることはできません。

調査の際は事前に連絡があり、日程調整ののち調査当日を迎える形となっています。その間にもし電子帳簿で管理している場合は、その帳簿を紙に印刷しておくようしておくなどの準備が必要です。また聞かれたことに答えられるように、直近3年間の帳簿にはある程度目を通しておくと、急に何か聞かれても困らないでしょう。




サイト内検索
記事一覧