おすすめ飲食店フランチャイズ(FC)経営ランキング!特に人気のオーナー募集をご紹介!【安定利益で儲かると評判!】

飲食フランチャイズオーナーの仕事内容と忙しさはどれぐらい?

公開日:2019/12/15  最終更新日:2019/12/10

ここでは、飲食店におけるフランチャイズのオーナーの主な業務内容の説明と、業務の忙しさを説明します。

具体的には、フランチャイズチェーンとしての規模の大きさにより受けられる恩恵の説明と共に契約によっては店舗ごとのノルマの他、約束事などが設けられていることについても説明し、その中からオーナーが行うべき業務についても説明をします。

オーナーは主に人材を確保する業務を担う

まず、飲食店のフランチャイズ店オーナーの仕事内容ですが、主な業務内容は人材を確保することです。人材の確保のみを責任者が行う飲食店もあれば、人材の確保と共に育成を行うことも責任者が行うことがあり、これらの仕事内容は店舗により異なり、店長の仕事とオーナーが行うべき仕事を責任者が兼任することもあります。

人材が不足している飲食のフランチャイズ店においては、オーナーは人材を確保する仕事のほかに、人材の育成、在庫の管理、及び給料の支払いに関する会計処理など、本来店長である人物が行うべき仕事を代行して行うこともあります。

その為、オーナーに必要な技能としては、飲食店にて働くスタッフの選抜のほか、店長に対しノルマを設定し、ノルマを維持させることでフランチャイズ店としてのロイヤリティを支払うことも求められます。フランチャイズ店の多くにはノルマがあり、ロイヤリティの支払いがあります。そのロイヤリティの支払いが可能な状態を維持することも責任者であるオーナーの仕事となるのです。

フランチャイズの規模が大きいとオーナーは恩恵を受けられる

フランチャイズの飲食店を経営する場合、オーナーはフランチャイズの提携を受ける企業の規模が大きければ大きいほど恩恵を受けることができます。恩恵とは人材を集める際に、企業が人材を扱うリクルートとして人材を仲介するなど、人材を集める際の費用と手間を短縮させることができることです。

一方でデメリットは、営業ノルマなどがあり自由にお店を運営することができないという決まりを設定したフランチャイズ契約を迫る企業もあります。しかしながら、フランチャイズ契約は必ずしも営業ノルマが厳しいというわけではないので誤解しないでください。

また、大きなブランドのフランチャイズ店になることができれば、大きな企業の一員になり飲食店を経営するというができるというメリットがあるので、必ずしもフランチャイズ契約をするということはマイナスとなるわけではないのです。このように、ブランドイメージを利用し、人材を集める際のコストを抑えることができるのもフランチャイズの魅力となります。

オーナーの忙しさは契約企業により異なる

肝心のオーナーの忙しさですが、これは飲食店として契約した提携先の企業によって異なります。

ノルマのほか、人材の派遣などを受けることができるケースもあります。具体的には人材を派遣してもらい店長を雇い入れた際、店長自らが経理となる仕事を引き受けてくれる場合や、雇い入れたスタッフの教育なども店長が担ってくれる場合もあるというようなことです。

そのため、忙しさについては、提携先の飲食企業のサポートが厚ければ、ある程度人材を確保することがオーナーの仕事であり、後は店長に仕事を任せてしまうことも可能です。また、人材の確保が難しいとされる場合においても、飲食店側の企業が独自に教育したスタッフの派遣を行って、人材の不足という問題を解決している飲食業もあります。

この場合は、オーナーは人材を集めるだけの仕事が主になりますが、企業から手厚い恩恵を受けることができなかった場合は、人材の確保から育成、会計処理などをオーナーが担いますので、店長と変わらない業務内容となり、夜遅くまで仕事をすることになるのです。

 

フランチャイズにおいてのオーナーの仕事内容ですが、企業により大きく異なりオーナーは人材のみを確保するだけで良い場合もあれば、人材の確保、育成や会計処理をオーナーが担うこともあります。店長と同じ業務内容となることもあり、そうした場合オーナーは夜遅くまで飲食店の責任者として働くことになります。




サイト内検索
記事一覧