おすすめ飲食店フランチャイズ(FC)経営ランキング!特に人気のオーナー募集をご紹介!【安定利益で儲かると評判!】

飲食店のフランチャイズが失敗してしまう原因は?

公開日:2019/04/15  最終更新日:2019/02/18

飲食店のフランチャイズへ加盟するメリットは、すでにある成功テクニックを使えるので、事業展開がスピーディーで、うまく行きやすい点が考えられます。

それに加えて、営業先並びに販売先それから、仕入れなどを自分自身が探す手間が掛からないことも素晴らしい所です。

しかしながら、以上のようなメリットがあるとはいえ、失敗する人も少なくありません。

失敗してしまう原因についてしっかりと理解することは非常に重要になります。

フランチャイザーに期待しすぎる

とりわけ多い失敗の原因は、加盟店が、フランチャイザーに対して期待しすぎる点があげられます。

加盟店に関してはフランチャイザーの従業員ということではありません。

加盟店自身が経営者でありまして、フランチャイザーに関しては基本的にパートナーということになります。

ところが、加盟店はフランチャイザーの指摘に従うことが不可欠です。

ひとつの例として、フランチャイズのレストランを営んでいて、その地域の特産品を推奨したいからと、好きなようにメニューを入れ換えてしまうことは不可能です。

売上高に結び付くアイデアをフランチャイザーと一緒に相談しつつ、自身で創意工夫し、マネジメントすることが必須となります。

失敗に終わる人の主な特徴について

成功テクニックの詰まったフランチャイズを活用することによって失敗に終わる人の特徴とは、表面的なイメージで受け止める人といえます。

フランチャイズへの加盟前は、自分自身の店を持ちたい、ドリームを達成したいと、一切合切受け入れ契約したとしても、あれもこれもがスムーズにうまく行くといったことはないといえます。

現実に販売数が減少したケースや、店から不良品が生じてブランドのイメージを傷付けたとき、利用者からクレームが出たときなど、何かしらトラブルが起きたとき、フランチャイザーと問題が生じるケースもあり、契約の取り交わしを解除するほかないこともあり得ます。

トラブルに見舞われたときこそ協力し合うのが正真正銘のパートナーといえます。

ブランドもしくはイメージに惑わされず、現実的に信頼に値するフランチャイザーか見定めることが大事となります。

失敗をしないための契約締結のポイント

フランチャイズにおいて重要になってくるのは契約書といえます。

契約書が把握できていないで加盟する人は自分自身で失敗の道への歩み始めていることになります。

フランチャイザーの実務担当者がどれほど熱心な人でも、異動もしくは転職などがあることから、長期的に該当者に担当してもらえるということはありません。

契約の取り交わしは人間性の面で結んではいけません。

加えて、フランチャイズ加盟するとき、加盟金もしくはロイヤリティーが必要です。

とりわけロイヤリティーに関しては、売上高に対して10%もしくは20%という種類のフランチャイズが非常に多く、売上高が円滑に上がっているケースでは何一つ心配する必要はないですが、売上がダウンした場合に本部の実益が減るので問題が発生します。

一方で、ロイヤリティーがひと月5万円もしくは10万円のケースでは問題は少ないでしょう。

ロイヤリティーを定額に決めるか定率に決めるかは、加盟店及びフランチャイジーの協議の下、決めます。

定額のほうが、フランチャイジーにとっては損益分岐点も分かりやすく、問題点も少ないでしょう。

契約する際には、分からないことを理解できないままにせず、クリアにしてから契約の締結をしましょう。

まとめ

フランチャイザーに対して頼り過ぎることはよくありません。

加盟金を支払ったからといって、フランチャイザーが一切合切面倒を見るということはありません。

フランチャイザーの評価を採り入れるのみならず、自身が自発的に運営管理を学ぶことも大事になってきます。

店の運営や金銭管理そして、出店計画や社員教育など、自身の責任で行います。

自明のことですが、契約の締結も自身の責任です。

消費者の立場とは異なって、保護システムはありません。

きちんと自分自身で確かめることが重要になります。




サイト内検索
記事一覧