おすすめ飲食店フランチャイズ(FC)経営ランキング!特に人気のオーナー募集をご紹介!【安定利益で儲かると評判!】

こんな人におすすめ!飲食フランチャイズに向いている人の特徴とは?

公開日:2019/12/01  最終更新日:2019/11/29

飲食フランチャイズオーナーとなれば、その会社の経営ノウハウを得られるメリットがあります。手厚いフォローがある企業であれば独立・開業の経験がなくても開業できます。

チェーン店の知名度やブランドイメージによる集客も見込めます。独力で起業することに比べれば、やりやすいかもしれませんが、どんな人が向いているのでしょうか。

本社のビジネスを信頼しコミュニケーションが取れる人

フランチャイズはすでに成功したビジネススタイルがあります。まさに他人が敷いたレールに乗れる人が向いている人と言えます。他人の敷いたレールを走るには、そのレールを敷いた会社、本部を信用できなければなりません。

フランチャイズオーナーは雇われオーナーではなく、独立した経営者でもあります。パートナーとなる相手を信用できないようであれば成功はできません。本部の提供するビジネススタイルや、経営に対する考え方に共感できるのが一番です。信じるためにも契約前に、支援や契約の詳細な内容を本部に赴き聞きましょう。

自分が納得するまで調べることで、開業後の支援をすんなり受け入れることができ、本部を信じてオーナーとして活動できるでしょう。信頼関係を築くにはコミュニケーションも大切です。

本部との細かいやり取り、飲食店であればお客様とのさりげない会話、従業員や業者へ出す的確な指示や説明があれば、お店の中がうまく回るでしょう。人と話すのが苦手である場合は、まず挨拶や笑顔、言葉が少なくても重要なことを伝える工夫が必要です。

マニュアルに頼るばかりでない独自の工夫ができる人

フランチャイズは確かに成功のビジネススタイルがありますが、ただ乗っかっていれば良いというわけではありません。経営面では本部の指示に従うことが多く、実際にアドバイスも受けるでしょう。安定した収入が得られ、経営に自信がない初心者には助かるシステムです。

それがフランチャイズの魅力でもありますが、自分で考え工夫することを放棄してはいけません。地域により客層も変わりますし、運動会などのイベントがあると売れる商品が変化します。隣の町で売れた商品と自分の町でよく売れる商品が違うということもあります。

飲食フランチャイズであれば、その日の天気や気温で売り上げが変わります。寒い日でも冷たい商品を売るのはどうしたら良いか。本部の指示に従いつつ現場の状況を鋭く見極め、柔軟に判断し対応する力も求められます。

寒い日に店員からあたたかい挨拶と笑顔を向けられるだけで、顧客の気持ちの温度が上がります。本部が提供するビジネススタイルに従いつつ、その中で自分の意思を出していくことが必要です。

先を見据えて地道に取り組める人

有名なチェーン店が提供するビジネススタイルの通りにやれば、短期で成功して高い利益を出せるわけではありません。確かに成功できるよう、本部からあらゆるフォローが入ります。特に飲食店のフランチャイズには、短期で結果が出る場合もあります。

しかし、それも毎日の地道な取り組みがあってこそなのです。たとえ真面目に取り組んでいても、月あたりで黒字化するには数ヵ月かかると言われています。さらに利益が出始めるのが、一年先、数年先という場合もあります。安定して黒字を出すというのは大変なことです。

焦らず本部を信じ、あらゆるチャレンジを繰り返していった結果、売り上げに繋がっていきます。何らかの事業経験がある方はオーナーとしてスムーズに進められるでしょう。

もちろん未経験でもチャレンジできるのがフランチャイズの強みです。腰を据えて何年も先を見て取り組むことができる方に向いているでしょう。

 

フランチャイズのオーナーは雇われ店長ではなく、独立した経営者です。本部の提供するビジネススタイルを受け入れ、信頼できるとより良いでしょう。マニュアルやビジネススタイルに頼りきりにならず、自分で考え工夫し動ける人が向いていると言えます。地道に取り組む姿勢も無視できません。




サイト内検索
記事一覧