おすすめ飲食店フランチャイズ(FC)経営ランキング!特に人気のオーナー募集をご紹介!【安定利益で儲かると評判!】

移動販売の飲食フランチャイズの特徴と魅力

公開日:2019/11/01  最終更新日:2019/11/29

飲食フランチャイズは今も昔もサラリーマンを退職して、一国一城の主になりたい人に人気の仕事ですが、飲食フランチャイズ側のサポートもあるとはいえ、開業するのには少なくない費用と準備が必要になります。

そんな中、近年注目されているのが、より安いコストで開業することができる移動販売型の飲食フランチャイズです。

飲食フランチャイズの特徴と魅力

窮屈なサラリーマン生活から抜け出して、店を持ち自分自身が経営者となって成功したい、そう考える人は年々増えています。かつてはサラリーマンには終身雇用が保証されていましたが、当たり前のようにリストラが行われる時代では、会社に忠誠心を持つよりも、自分自身で稼ぐ力を持ったほうが良いと考えるのも無理はありません。

しかし同じような夢を持った人が多いということは、それだけ競争も激しいということです。知識やノウハウを持たない状態で、手探りでお店を開いても並大抵のことでは成功できないでしょう。そんな時に頼れるのが飲食フランチャイズの運営会社です。

彼らは加盟金やロイヤリティを支払うのと引き換えに、お店を成功させるのに必要なネームバリューやブランド力、完成されたメニューと仕入れルートを提供してくれます。オリジナルのメニューで勝負したいといったこだわりを持っているのでなければ、飲食店を開く際はこうしたフランチャイズ会社に頼るのがおすすめです。

飲食フランチャイズの弱点とは?

飲食フランチャイズに加盟すれば、それまでずっとサラリーマンで働いていて料理の経験などがない人でも、企業のサポートを受けて、自力で開業するよりもはるかに高い確率で店の経営が軌道に乗り成功することができます。

しかし、弱点がまったくないという訳でもありません。その一つが、最も一般的な店舗型のフランチャイズの場合、少なくない費用が必要になるということです。

運が良ければ居抜きと呼ばれる、過去にレストランなどが営業されていた店の跡地を使って開業することでコストを抑えることができますが、普通は開業するための土地や建物に加えて、お店を運営していくためのスタッフやアルバイトを雇う必要があります。

定年退職をして退職金を元手に始めるというならばともかく、若い人だと最初の初期投資の費用を用意することができないということも、決して珍しくはありません。しかし、だからといって諦める必要はありません。実はわずかな費用でもお店を持つことはできるのです。

移動販売形式フランチャイズの特徴と魅力

多額の元手を集めることができない人でも独立開業する方法、それが移動販売形式の飲食フランチャイズです。加盟金やロイヤリティと引き換えにお客さんを呼び込めるネームバリューや、完成されたメニューを使えるという点は店舗型と同じですが、初期費用の大部分を占める土地や建物が必要ないというのが大きな特徴です。

運営会社にもよりますが、100万円以下の元手でも始めることができるので、少し頑張れば20代のうちに自分のお店を持つこともできます。一国一城の主を目指す人にとってこれはとても魅力です。

また、運営に必要な人間の数も店舗型に比べると少なくて済むので、やり方次第では店員やアルバイトなどを雇わずに、夫婦二人だけで気ままに商売するということも可能です。移動式なので人通りの多い場所など営業に最適な場所を見つければ、大きな利益を得るチャンスもあります。こうしたメリットから近年移動販売形式の商売を始める人はとても増えているのです。

 

移動販売型の飲食フランチャイズは、ネームバリューや仕入れルートなど充実した支援を受けられる上に、店舗型よりも少ないコストで商売を始めることができます。安いものだと100万円以下の元手でも、スタートできる点が魅力です。




サイト内検索
記事一覧