おすすめ飲食店フランチャイズ(FC)経営ランキング!特に人気のオーナー募集をご紹介!【安定利益で儲かると評判!】

飲食業のフランチャイズの選び方とは?比較するポイントをご紹介!

飲食業のフランチャイズの選び方は、最初に比較サイトを利用して飲食業に特化したフランチャイズを比較することです。

そしてある程度サイト上で比較した後は、イベントや説明会に参加して、フランチャイズ毎に展示ブースがありますので会場に足を運ぶことで雰囲気をつかむことができます。

会場には無料の相談室がありますので、そこで不明点などを相談するとよいでしょう。

 

比較サイトを利用したフランチャイズ選び

フランチャイズ選びの最初のステップとしては比較サイトを利用ることです。

比較サイトには業種毎に比較できるので飲食業に絞って比較し、和食系・洋食系・中華系などがありますので、どのような業種にするかを決めましょう。

ここで大切なポイントは飲食の業種の中でどの業種が自分のモチベーションを高めるかを見極める必要があります。

なぜならモチベーションが高まるかどうかは開業後の経営に大きく影響を与えます。

とくにモチベーションが高まるようなことがない場合には、自分が得意であるか、過去において少しでも経験している業種かを見極めます。

他にも将来性のある業種を考慮する必要があります。

例えば料理に使う素材や資源確保が今後難しくなるようであったり、原材料高騰につながるような料理に関するところは比較の対象から外すなどして、この先消えることのない業種で比較しましょう。

 

イベントや説明会に参加したフランチャイズ選び

イベントや説明会に参加することで、実際のフランチャイズの雰囲気を知ることができ、イベント会場などではフランチャイズ毎に展示ブースがあり、そこで実際のフランチャイズの雰囲気やパンフレットなどで情報を手に入れることができます。

しかしここで大切なポイントは各フランチャイズの展示ブースに着目することで、参加者であるあなた自身がどの会社に魅力が感じられるのかということです。

どんなに素晴らしいフランチャイズチェーンであっても、集客する力に欠けていては開業後の客足に大きな影響が出てきますが、集客力があるかどうかは、展示ブースに表れてきます。

さらには部門担当者と話をしてみることです。

このときにコミュニケーションがきちんと取れるかどうかを意識します。

相手が上から目線だったりしますと、加盟後に十分なサポートを受けることができなくなる恐れもあります。

展示ブースの魅力による集客力をはかり、担当者とのコミュニケーションがうまくできるかによる、サポート体制がしっかりしているかどうかがそこでわかります。

 

チェーン本部の部門責任者と面談

ある程度フランチャイズ本部を絞った後は、部門責任者と実際に面談、トップの経営理念について直接確認することが大切です。

トップの考え方がどうあるかによって、フランチャイズにおける経営理念と、チェーン店全体の経営の理念にもつながってくるからです。

経営理念がしっかりしたフランチャイズの場合には、市場がどのように変化しようともチェーン加盟店の基盤は揺らぐことはありません。

他にもチェーン店のあるべき姿をどう捉えているかも確認する必要があるでしょう。

チェーン本部はそれぞれに加盟店に対して、どうあるべきかを求めているものなので、求められる姿勢が開業を考えているあなた自身の経営理念と重なる所があるのかをしっかりと見極めることが必要です。

チェーンの経営理念や加盟店のあるべき姿と、あなたが開業にいたって追い求めているものがずれているようであれば、別のフランチャイズを検討するべきでしょう。

 




サイト内検索
記事一覧