おすすめ飲食店フランチャイズ(FC)経営ランキング!特に人気のオーナー募集をご紹介!【安定利益で儲かると評判!】

飲食のフランチャイズ契約とライセンス契約の違いとは?

公開日:2020/05/01  最終更新日:2020/05/22

飲食店を開業したいと思う方もいるかもしれません。しかし、未経験ならどうやって開業すればいいか分からないこともあるでしょう。そんな時に選択肢として入るのがフランチャイズ契約とライセンス契約です。しかし、この2つは全く同じではなく違う部分があります。最大のポイントは自由度です。

サポートが手厚い分規則も厳しい

フランチャイズ契約で飲食店を開業すると経営指導のサポートが受けられます。飲食業界は移り変わりの激しい業界です。軌道に乗るまでにはどうしても時間がかかるので、本部のSV(スーパーバイザー)による定期的な巡回とサポートがあります。これなら失敗のリスクを軽減できるでしょう。

他にも本部による融資のサポートや提供もあるので資金を調達しやすいのもメリットです。本部は経営ノウハウやサービスの販路をパッケージ化して提供しています。そのため、加盟店は安定した経営を目指すことができるのです。しかし、本部へ毎月支払うロイヤリティーの負担、マニュアルを徹底厳守しないといけないルールもあります。これらの理由により加盟店側が不満を持つことが多いのも特徴です。

自由度が高いのが強み

フランチャイズ契約ではなく正式のライセンス契約もあります。これはパッケージライセンスビジネス(PLB)と呼ばれる形態です。ブランドの商標を含め、ブランドデザインやコンセプトをパッケージ化して使用を許諾します。PLBとフランチャイズは同じように見えますが、比較するとPLBではより自由なブランドの活用を認めています。

その分、ライセンサーが経営に介入せずスーパーバイザーも派遣されません。そのため未経験者には不向きな方法と言えます。反対に他のフランチャイズの経験者や移行する人にとってはメリットが大きいでしょう。

他社のブランド力を大いに活用できます。開業前の研修はありますが、開業後の店舗の運営はオーナーにゆだねられます。自分が好きなように経営することができるのです。直営の飲食店では禁止されているルールも許可されていることがあります。固定費が軽いのもメリットです。

ライセンス契約では毎月のロイヤリティーが発生しません。商品や材料の仕入れを自分で選べるので工夫すれば仕入れのコストを抑えることが可能です。場所も自分で選んで開業できます。フランチャイズでは開店する場所も契約の中に含まれているので自由度は低めです。ライセンス契約では自分で決められるので、駅のホームや病院の中などでも飲食店を開業できます。

それぞれの形態に向いている人・不向きな人

2つの大きな違いは開業後の指導の有無と自由度の高さになります。フランチャイズは開業後も本部から継続的にサポートされます。SV(スーパーバイザー)による経営指導も一般的です。ライセンス契約はいわば売り切り型のビジネスです。

初期の研修とノウハウは提供されますが、開業後のSVによる店舗指導などのサポートはおこないません。もしあっても追加サービスとなります。その分、かかる固定費は安価となる場合が多く、運営経験がある方にとってはメリットとなります。自由度もフランチャイズに比べて高くなります。

仕入れ先やメニューを自由に変更できるだけでなく、店名を独自に設定して出店できる業態もあります。どちらの契約にするかは自身の運営経験の有無にかかってきます。リーズナブルな費用はありがたいですが、SVによる指導がないので経験の少ない人は注意が必要です。

 

ライセンス契約はフランチャイズよりも経営のルールにある程度自由がききます。ビジネスのスキルがある方は自分が好きなように飲食店を運営できるでしょう。ただしサポートは充実していないので、未経験の人は本部からのサポートが受けられるフランチャイズ契約をおすすめします。どちらが良い悪いではなくそれぞれにメリット・デメリットがあるのです。自身のこれまでの経験やノウハウなどを考慮して、どの契約形態がふさわしいかを考えていきましょう。




サイト内検索
記事一覧
おすすめの飲食店フランチャイズ紹介