おすすめ飲食店フランチャイズ(FC)経営ランキング!特に人気のオーナー募集をご紹介!【安定利益で儲かると評判!】

飲食フランチャイズ経営で店舗のコンセプト設計は必要?

公開日:2019/12/15  最終更新日:2019/12/10

飲食店は新規開業する際の人気のあるジャンルですが、いきなり飲食店をはじめても、うまくいかないケースもあります。このような時には、フランチャイズを利用してみるのが良いでしょう。

飲食フランチャイズといっても、さまざまな種類があり、地域やニーズに合ったものであれば十分に成功させることが可能なビジネスとなるでしょう。

飲食店をはじめる時の業界の種類について

飲食フランチャイズといってもさまざまな種類があり、それぞれニーズに合ったものを選ぶことが大事です。

種類としては総合的な食堂やレストランのほか、専門分野に特化したラーメンやうどん、ステーキ、パンなどといった専門店がありますし、喫茶店のようなコーヒーをメインに据えたものや、お弁当やお惣菜など持ち帰り専門のお店もあります。

これらは、どこでも始めれば良いというものではなく、事前にそのニーズを捉えることが重要です。ターゲットとする顧客層を見極めて種類を選ぶことです。また、お店を開業する時には新規の集客がもっとも難しいことですが、フランチャイズの場合には知名度が高いものであれば、そのブランド力だけで十分な集客が見込めます。

そしてたいていの場合には新規開業時の立ち上げに本部が力を入れてくれます。この点で考えれば、新規開業で飲食店を開業するのであれば、フランチャイズを利用した方が事業としての成功確率を高めることができると考えられます。

フランチャイズではじめるための開業資金

飲食業界のフランチャイズといっても種類が豊富ですが、同時に開業資金にも大きな違いがあります。たとえば、飲食店でもラーメンなどの専門店であれば、500万円程度で始めることができる一方で、本格的なレストランや喫茶店の場合には5,000万円以上の資金を求められることもあります。

基本的には、すべての業種では、研修を行い提供する料理などの習得や経営に対する知識の講習を受けることになり、それらの費用は、ほとんど変わりません。

しかし、お店を作るための費用で大きな差があり、ラーメンやお弁当など回転率の良い業種では小さな店舗でも始めることができますが、レストランなど落ち着いて食事をする場所では、大規模な店舗となるため、それだけの費用も掛かるものです。

どちらの場合にもメリットとデメリットがありますが、好きな種類であった方が意欲も高まりますから、開業する際には自身の求めるものと用意できる資金とを検討しながら選ぶ必要があります。

飲食フランチャイズを始める前のコンセプト設計

フランチャイズにしても独自開業であっても、はじめる前にはコンセプト設計は必要です。フランチャイズの場合には、開業までのスキームをすべて提供してくれるので、あまり考えなくても良いというメリットはありますが、コンセプト設計がしっかりとしていないと成功するものもしなくなります。

コンセプト設計の手順は業種や業態を決め、店舗やサービスの方向性を決めるもので、その上で開業に必要な資金を算出するものです。つまり、はじめに開業したい種類をしっかりと考えることで、そのニーズにマッチしたフランチャイズが存在するのかを見極め、また費用についても検討することになります。

実際のところ、資金はあっても情熱がなければ事業は成立しませんし、情熱があっても資金がなければやはり事業は成立しません。飲食フランチャイズに限らず事業をはじめるときにはこの両輪がマッチしているものを選ぶことが大事です。その点で、考えを整理するコンセプト設計は必要なものになるのです。

 

現在ではさまざまな種類のフランチャイズがありますが、フランチャイズであっても利用する前にコンセプト設計をしておくことが大事です。特に事業の目的を明確にして自身がやりたいものを選ぶことが、成功させるために不可欠な要素になります。




サイト内検索
記事一覧