おすすめ飲食店フランチャイズ(FC)経営ランキング!特に人気のオーナー募集をご紹介!【安定利益で儲かると評判!】

悪質な飲食フランチャイズの特徴とは

公開日:2019/02/01  最終更新日:2019/01/28

飲食店をフランチャイズで行うときには業者の選定が必要です。

非常に多くの業者があるため、それぞれの業者の中でどこが最もいいなどを決めるのは難しいです。

一方であまりよくないとされる業者もあるので注意しましょう。

 

経営のサポートをしてくれないところ

サラリーマンは人からの指示に従って仕事をこなすのを得意としている人が多いでしょう。

しかし自分の意思ですべてを決めたりするのが苦手な人入るかもしれません。

飲食店をフランチャイズを利用して運営しようとするときは経営をしなければならず、少なからず経営の知識が必要になります。

この仕組みを利用するメリットとしてよく言われるのは経営のサポートです。

エリアマネジャーと言われる人がいて、定期的に店の状況をチェックしに来てくれます。

その他売上や利益があまりよくないときにも来てくれ、問題点を指摘してくれたり改善点などを教えてもらえます。

これによって売上などが回復するかもしれません。

悪質なところであるのは経営のサポートがなかったり頻度が少ないところでしょう。

業者によっては開店させたら終わりで後は自由に経営してくださいとするところもあります。

経営の資質がある人なら何とか切り盛りできるでしょうが、初心者だと問題が起きたときに解決できないかもしれません。

経営に不安があるのであれば、事前に経営のサポートがどれくらいあるのか聞いておくと良いでしょう。

 

加入前の話と加入後で大きく話が異なる

フランチャイズを利用して飲食店をするとき、必ずしないといけないのは業者の選定です。

同じ食べ物を扱うところでも複数あります。

より自分のやりたいお店の経営ができるところを選ぶと良いでしょう。

ただすべての業者が優良なところとは限らず、悪質なところもあるようです。

業者を選ぶときには事前の相談会などに参加します。

定期的に行ってくれるところもあれば、個別に相談に乗ってもらえるところもあります。

その時にいろいろな条件などの話も聞けるでしょう。

加盟後に事前に話に聞いたとおりになると考えて加盟料を払って契約をします。

しかしいざお店の経営が始まると事前の話と違うことばかりのところもあります。

ロイヤリティーの計算方法であったり、メニューの決定方法などもあるかもしれません。

初めて行うときは何もかもが初めてなので多少考えが食い違うときはあるでしょうが、明らかに言っている内容が変わってくるとなると、加入させるために都合のいい内容を事前に伝えていた可能性があります。

当初の話の内容が分かる書類などがあれば、違う部分の指摘ができるかもしれません。

 

加盟料を支払ったのに開業させてくれない

飲食店のフランチャイズを始めるとき、まず業者の選定をしてその後に契約をします。

契約をするときに加盟料を支払い、そしてお店の立地などを決めていきます。

お店が完成に近づくのと同時に調理の研修など開店準備なども行っていきます。

どんどん開店の日が近づく状態と言えるでしょう。

しかし悪質な業者だとなかなか開店の準備をしてくれません。

最初の段階であるお店の決定がなかなか決まらないときがあります。

業者からすると最適な立地が見つからないとの理由を付けてきますが、実際は加盟料目的のこともあるようです。

加盟料を取ったら後は他人事としてなかなか開店をさせてくれません。

しびれを切らせて契約を解除しようとしても、先に払った加盟料の返金はしてもらえません。

結局加盟料を払っただけ損をすることになります。

なかなか開業させてくれない業者に当たると将来的に店を開けないので生活費がかかる分どんどん生活が苦しくなるときもあります。

契約をするときにある程度立地の候補などを挙げてもらうなどすると良いかもしれません。

開店できないときは加盟料を返却する契約なども必要になるでしょう。

 

飲食店をフランチャイズでオープンさせたいとき、業者によってはあまり対応が良くないところがあります。

経営サポートをしてくれないところや、加盟前の話と違うときです。

加盟料だけ取ってなかなか開業させてくれないところもあります。

事前に確認しておきましょう。




サイト内検索
記事一覧