おすすめ飲食店フランチャイズ(FC)経営ランキング!特に人気のオーナー募集をご紹介!【安定利益で儲かると評判!】

飲食店のフランチャイズに加入後の流れとは?

公開日:2019/04/01  最終更新日:2019/02/18

サラリーマンを辞めて独立して店を持ちたい人がいるかもしれません。

いきなり自分でお店を運営しても、知名度などがなければ苦労する可能性があります。

フランチャイズであれば知名度などがあるので、うまく運営できるかもしれません。

どこに出店をするかなどの調査を行う

全国に店舗がある飲食店がありますが、出店の仕方は各お店で異なります。

全国の全ての店舗をチェーン化して一括で管理しているところもあれば、フランチャイズ化してそれぞれの店舗である程度経営を任せているところもあります。

早く全国展開しているところは後者のパターンが多いかもしれません。

オーナー希望者も結構います。

オーナー希望者はいろいろある中から自分に合ったところを探し加入をします。

その後の流れとしてはどこに店舗を作るかになるでしょう。

オーナー自身がすでに土地を持っているときもあれば全く不動産がない状態の時もあります。

それぞれのお店でターゲットの客層が異なるため、独自の調査で駅に近い立地やロードサイドなどから探していきます。

更地の土地に一から建物を設置したり駐車場の整備をするときもあれば、ビルのテナントを借りてそちらを利用するときもあります。

オーナーがある程度希望を出しつつも、一定のお客さんが確保できるところに出店する必要があるので、多少時間をかけて調査をするときもあります。

調査済みの場所への出店をするときもあります。

お店の工事から開店日までのプランニング

お店の運営を行うにはまず店をどこに作るかになるでしょう。

ただ場所を決めたらすぐに運営ができるケースは少ないです。

住宅のように賃貸でも引越しをすればすぐに住めるわけではなく、お店の場合は何もない状態からお店の状態にしていく必要があります。

飲食店を運営するためにフランチャイズに加入後の流れとして、お店の工事を行います。

基本的には業者などは本部指定になっていて、内装などもある程度本部が決めた造りにします。

それぞれでブランドがあるので、独自に店づくりをするのは難しいでしょう。

もちろん相談には乗ってもらえるので、部分的に独自性を出せるときもあります。

店づくりと同時に行われるのが店員などの募集でしょう。

オーナー自身が店長として切り盛りするときもあれば、オーナー以外に店長を雇用するとき、その他従業員を雇用するときもあります。

将来的に調理指導や接客指導などを受ける必要があるので、所定の期間までに開店時の従業員をそろえる必要があります。

開店後にお店で使う備品なども基本的に指定の物なので、別途購入する必要はないでしょう。

オーナーへの経営指導やスタッフへの調理指導

お店の経営は決して簡単ではなく、売上や利益を上げるためにいろいろな判断をしていく必要があります。

飲食店を経営する上でフランチャイズに加入後の流れとしてオーナーへの経営指導があります。

開店前には基礎的なことが中心になり、開店後も定期的にエリアマネジャーなどと話し合いをしながら経営をしていきます。

経営指導の他にあるのが調理指導接客指導になります。

全国にあるお店で同じメニューなら同じ味を提供する必要があるため、そのための指導を受けます。

開店時に調理を担当する人に対して行われ、自分での調理方法はもちろんですが、将来的に従業員に教えるためのマニュアルなども渡されます。

一通りのメニューを一定基準以上に作れるまで行われます。

接客指導はそれほど長くかかりません。

開店直前まで行うときもあります。

アルバイトなどが行うことが多く、難しいことはないものの基本的な作業ができるよう指導を受けます。

開店日は通常よりもお客さんが多く来る可能性があるので本部からサポートスタッフが来てくれます。

一定期間後に本格的に自分たちだけでの経営を行います。

まとめ

良いフランチャイズ業者が決まったら加入をして将来開店に備えます。

まずは出店をするお店をどこに作るかの調査があります。

場所が決まったら工事を行ったり従業員の採用をします。

調理の指導や接客の指導を受けたのち開店になります。




サイト内検索
記事一覧