おすすめ飲食店フランチャイズ(FC)経営ランキング!特に人気のオーナー募集をご紹介!【安定利益で儲かると評判!】

飲食のフランチャイズの売上保証とは?

公開日:2019/05/15  

飲食店のフランチャイズ契約をする場合でも、フランチャイジーとして心配なるのはやはり売上が伸びるかどうかです。

そこで、売上保証があるフランチャイザーと契約をするのも一つの方法になります。

では、売上保証とはいったいどのような内容になっているのかを見ていきましょう。

 

売上保証の中身を見ていくとわかること

売上保証といっても、どのような条件で売上を保証してくれるのかそしていくらぐらいの金額を保証してくれるのかわからなければ意味がありません。

そこで、どのような条件になっているかを見ると、もろもろの企業によって条件が異なるもののおおむね契約をしてフランチャイザーの言われた通りに仕事をすることで保証されることが多いです。

金額はどれぐらいまで保証してくれるのかが問題ですが、基本的に赤字の分だけ保証してくれるといえるでしょう。

ただ金額は、フランチャイザーによって異なるところです。

普通に考えれば、オーナーの家族が生活できて従業員の給料が払えるぐらいまでは保証してくれるのが基本です。

また、毎月支払っている賃料なども保証してくれる可能性があるでしょう。

 

なぜ売上保証してくれるか理解する

そもそも、なぜフランチャイザーの方では売上保証をしているのでしょうか。

これを理解することで、契約を結ぶときに意思決定がしやすいといえます。

まず一つ目は、フランチャイザーの方でより多くのフランチャイジーを募集するためです。

そもそも、フランチャイズ契約は一方的に行うことができるのではなく、フランチャイジーになる人がいなければ契約ができません。

そして、飲食店ならば大手のところにフランチャイジーが集中する傾向がありますが、これを打破するために売上保証を付けているといえます。

こうすることで、多くの希望者が現れると考えています。

もう一つは、フランチャイジーが生活に困らないためです。

基本的に、フランチャイズ契約は最初から黒字に転換できるような仕組みを持っています。

ですが、すべてのお店が黒字にできるわけではありません。

やはり、経営の仕方もありますがその場所によって大きく売上が変わってくるところです。

そうすると、途中で生活ができなくなってしまうオーナーが出てきても不思議ではありません。

生活ができなくなると、結局フランチャイズ契約は解約しなければいけないことになり、フランチャイザーとしても得することは何もないわけです。

このような理由から、赤字の分だけ保証してくれるといえます。

 

問題点がないかを事前によく確認しておく

売上保証は、非常に魅力的なものになりますが、だからといって安易に契約を結ぶのはよくありません。

一見フランチャイジーにとっては有利に思われるかもしれませんが、条件が厳しいと不利になってしまう可能性もあります。

よくあるパターンとしては、保証を付けてくれるもののその期間は最初の1年間だけのような場合です。

この場合、最初の1年間で黒字に転換しなければ生活が厳しくなってしまい最終的にお店をたたむしかなくなってしまいます。

また、1年以上売上保証を付けてくれるとしても、金額がどの程度になるかが問題になります。

たいていの場合、2年目以降は保証してくれる金額は少しずつ下がっていき、生活をするのに十分なお金を手に入れることができない可能性もあります。

 

フランチャイズ契約をする場合には、売上保証があるところを選ぶのも一つの方法です。

これは、赤字の期間が続いた場合その間はフランチャイザーがフランチャイジーにお金を渡す仕組みになります。

これは、フランチャイジーを救済する意味があるといってもよいでしょう。

ただ、その契約内容がどのようになっているかを確認しておくことが重要です。

場合によっては短期間で打ち切りしてしまうこともあります。

また、年を追うごとに補償金額が減ることも多いですので要注意です。




サイト内検索
記事一覧