おすすめ飲食店フランチャイズ(FC)経営ランキング!特に人気のオーナー募集をご紹介!【安定利益で儲かると評判!】

評判のいい飲食のフランチャイズ店の特徴とは?

フランチャイズ店で出店する際にはメリットデメリットがあります。

立地条件は来客数に影響しますが、地域と店舗がマッチしているかどうかも来客数に影響します。

飲食店として評判の良いフランチャイズ店の売れる理由や特徴は様々ですが、ここでは評判に影響する事柄やフランチャイズ店の特徴を順を追って説明していきます。

 

フランチャイズ店と直営店の異なるポイントとは

フランチャイズ店はコンビニやスーパーを含む飲食店をはじめとし、美容室やエステサロンなど様々なジャンルで店舗が存在します。

フランチャイズとは、加盟したい店舗と加盟元である事業本部とが契約を結んでビジネスを行っていくスタイルの事で、この契約を結ぶ事で加盟店は商標やチェーン店の名称を使う事が出来るようになります。

また、経営ノウハウや技術サポート・従業員の研修などのビジネスの基礎も得る事が出来るので、異なった地域に出店した場合にも同じ仕組みで経営する事が出来ます。

この契約に関する費用等は加盟元との契約によって決まり、加盟店は事業本部から提供されるシステムを利用するかわりに対価を支払う必要があります。

その他、直営店との違いは事業本部が従業員の雇用や経営まで行っているかどうかという点で、店舗のオーナーが法人や個人であるフランチャイズに対して、直営店の場合は雇用や経営など一貫して事業本部が行っている店舗の事です。

経営スタイルにメリットデメリットが存在するのはどちらも同じです。

 

フランチャイズとメリットとデメリットとは

店舗に対する評判には様々な事情が関係しますが、加盟元の知名度やブランド名でも評判は変わってきます。

フランチャイズ店として出店するメリットはいくつかあり、未経験者でも事業参加が出来るという点やブランド名・知名度が最初から存在しているという点があります。

メリットには他にも、経営ノウハウと経営に必要な資材や場所の提供などがあります。

費用面においても、仕入れルートの確立や商品開発は事業本部が行うため、自分で行う必要がなくコストを抑えた営業を行う事が出来ます。

デメリットに関しては本部へのロイヤリティーを支払うという点と、仕入れ先や商品展開に制限が設けられる可能性があるという点です。

ただし、本部へ支払うロイヤリティーは契約によって異なり、商品展開や仕入れルートも契約により異なります。

その他のデメリットは契約期間が設けられているという点と、ブランド先のイメージによって店舗の売り上げが左右される可能性があるという点です。

これらのメリットデメリットを考慮しておくことでトラブルを回避する事が出来ます。

 

フランチャイズ店の特徴と評判について

フランチャイズとして飲食店を出店するメリットは、事業本部から得たノウハウを活かす事が出来るという点ですが、来客数や店舗の評判は出店者による日々の経営によって異なります。

来店者が行う飲食店の評価は衛生面や接客の応対によって異なり、これらの評価は従業員の教育を行う事でトラブルを防ぐ事が出来ます。

フランチャイズの特徴としては接客方法や調理方法がマニュアル化されているという点で、照明やテーブルなど店舗内装もマニュアル化されているという点もフランチャイズの特徴です。

店舗の内装に関しては、実際に出店した店舗の敷地面積の関係で変更される可能性もあります。

また、評判の悪い店舗に関しては事業本部による指導やチェックが入る場合がありますが、これにより店舗の評判を落とさずに経営を続けていくことが出来ます。

実際にフランチャイズで出店する場合は、来客者に対する接客等はマニュアルに沿った応対を行うと良いでしょう。

その他、困ったトラブルが起きた場合などは事後に本部へ連絡する事が大切です。




サイト内検索
記事一覧