おすすめ飲食店フランチャイズ(FC)経営ランキング!特に人気のオーナー募集をご紹介!【安定利益で儲かると評判!】

高収入が見込める飲食業のフランチャイズとは?

フランチャイズの最大の魅力は、本来ならサービス周知に費用や時間を必要とするところ、商標を初めとした本部企業のブランド力をすぐに活かせ集客につながる点です。

このメリットは業種を問わず当てはまりますが、特に飲食業では即時性が期待できます。

というもの各地で美味しい店をリサーチするのは難しく、名の通った店のほうが安心できるからです。

 

フランチャイズの飲食業には、どんな種類があるか

一括りに飲食業といっても、提供する料理や飲み物はさまざま存在します。

どのような種類の飲食物についてフランチャイズ契約の締結が可能か事前に知っておけば準備から開業までスムーズに運ぶでしょう。

飲食業で有名なのはテイクアウトできる弁当屋ですが、ラーメンやパスタなどの麺類やケーキを初めとしたスイーツ、宅配ピザなどもあります。

また居酒屋やバー、その他カフェでもレストランでも探すことが可能ですし、ハンバーガーはブランド力を大いに活用できる分野です。

このように飲食業ではよほど特殊な料理や飲み物を扱わない限りフランチャイズチェーンが見つかるでしょう。

ただ、その際にサービス内容が合致する点だけで判断するのはリスクを伴います。

本部企業が持つノウハウの充実度やブランド力による経営への影響力、ロイヤルティなどの対価を考慮して本当に加盟するメリットはあるのか比較検討すべきです。

 

飲食業をフランチャイズで開業する場合の費用

飲食業では店舗を初め調理機材および接客スペースといった設備投資が必要ですが、それは原則フランチャイズでも変わりません。

ただ、契約条件によっては本部企業の業務委託のような形態もあり、自身で設備を準備せずに済む場合もあります。

予算からフランチャイズチェーンを探すサイトなどがあり、それぞれの条件を検索するのに便利です。

フランチャイズ契約に必要な費用は、月毎に売上に対する割合でロイヤルティを納める方式や固定額方式、加盟料や保証料の名目で契約時に納めるものが主なので、経営が軌道に乗りさえすれば大きな負担ではありませんが、設備投資の多寡は十分考慮しましょう。

初期投資が大きい場合は成長分野の飲食業を選ぶ必要があり、こうしたデータもウェブ上である程度知ることができます。

データを参考にしつつ高収入が見込める分野を見極めることが重要です。

フランチャイズ契約を加味せずに飲食業を開業する資金の平均は、居抜きで接客なしならば250万円弱で、接客ありなら20席未満でも600万円強を準備したとするデータがあります。

 

フランチャイズで飲食業。高収入が見込める分野の判断

開業する際に儲けを度外視することはまずありません。

そこで高収入が見込める分野を的確に見極める必要があります。

真っ先に考えるべきは現在および将来的に成長が見込めるチェーン店かです。

より重要なのは将来的成長ですが、その判断は社会全体の景気とも関わり簡単ではありません。

過去から現在に至る成長度から未来を予想する態度が鍵を握ります。

ただし誰でも知っているようなブランドが浸透したフランチャイズの場合は、ある程度継続性が見込めると考えて良いでしょう。

その上で開業した店舗が平均でどのくらい売り上げているか、加盟料など初期投資金額を比較します。

さらに本部のノウハウが確立されているか、そのノウハウの伝え方なども大切です。

飲食物でもブームはありますが、古くからあるものならば売上に多少の波があっても安心ですが、海外の食べ物など新規に流行したものは一過性で終わる可能性があるため参入時には慎重に判断しましょう。

競合店の数や立地、人口、年齢層なども分野選びには不可欠な要素です。

フランチャイズのブランド力に頼るのではなく、確かな経営戦略を持ちたいものです。

 




サイト内検索
記事一覧