おすすめ飲食店フランチャイズ(FC)経営ランキング!特に人気のオーナー募集をご紹介!【安定利益で儲かると評判!】

個人で飲食店を立ち上げることとフランチャイズを行うことの違いとは

公開日:2019/03/01  最終更新日:2019/01/29

最近飲食店のフランチャイズが増加しています。

新たな形で開業しようと考慮したとき、そのようなフランチャイズを有効に活用するのと、単独で開業をするのとでは、どういったことが違い、いずれが良いのかという課題があります。

良いところだけを見るというのではなく、両方の良い点と悪い点両方を知った上で検討することが重要になります。

 

フランチャイズを活用するメリット

もうすでに業界においてそれなりの地位を築いているフランチャイズチェーンを採用することで、スタート時から非常に高いネームバリューが得られるはずです。

人気を博しているブランド店の場合、コマーシャルに注力しなくてもオープンのスタート日から来客が欠かさないということも十分にあり得るでしょう。

それに加えて、商品開発並びにメニュー作成それから、内外装のデザイン性などは一切合切本部が決めることから、一つ一つを悩んだり、サービスを考える必要がありません。

開業にあたって決定しなければならないことは大きく減ります。

さらに、仕入れに関しても本部を介して行うことが非常に多く、開始時より確定されています。

ルート開発などの手間のかかるやりとりをすることなく自分自身の店を持つことができるというのはとても大きなアドバンテージと言えるでしょう。

 

フランチャイズを活用するデメリット

フランチャイズのデメリットは、ロイヤリティーを払わなければならないことがあげられます。

店舗では、開業時のみならず毎月の売上からも払わなければいけません。

ロイヤリティーにつきましては定額の場合、売上や粗利から決められた割合を引かれることになります。

現実にはじめの見込みの利益が上がらないこともあり得ますが、そういったときでも支払いは発生することになります。

それに加えて、経営戦略に関しては本部指導で行われることからオリジナルメニューなどは展開することができないケースが多くなり、販売額も規定されることが多いです。

加えて、同一のエリアに同一のチェーンの店ができ観客の奪い合いになることもあり得ます。

また、流行り廃りがとても激しい業種もしくは店の場合、利用者に飽きられてしまうケースもあります。

こうしたケースであっても、集客に役に立つ独自戦略が制限を受けることは多いといえるでしょう。

 

個人で飲食店を立ち上げる際のメリットとデメリット

自力で開業をしたケースでは、当たり前のこととして毎月の売上高からロイヤリティーを準備する必要がありません。

ですから経済的にアドバンテージになります。

自分自身の作り出したい理想の店があるケースや、これを行ないたいという希望が見られる場合、自分自身の店であれば次から次へと挑戦できます。

店のデザインさらにメニューそして広告戦略などに関しては、資金が許す限り、一切合切自分の判断において好きなように作ることが可能です。

ひとりの力で準備しなければいけない一方で、柔軟性の高い経営ができるのがメリットです。

一方、 仕入れのためのルート構築並びに内外装工事そして、メニュー作りなど、一切合切をひとりで決定しなければならないことからノウハウを持ち合わせていない場合、労力や資金が入用になる可能性があります。

コマーシャルなども、自分自身が裁量を持つことになります。

周囲に覚えてもらい、固定客をつかめるまで長時間がかかることもあり得ます。

提供する品についても、自分自身で考え販売するため、それなりの品質を維持できなければ見限られてしまう可能性があります。

 

フランチャイズも単独での開業も、良い点と悪い点があります。

運営管理に関心があり、スタート時から数多くの人が訪れる店を作り出したい場合は、フランチャイズに利点があるかもしれません。

一方で、自分自身のドリームを叶えるためであれば、単独での開業に取り組みたいところでしょう。

必要な情報や金銭を十分に備えて取り組み、安直な選択をしないで細心の注意を払った吟味を重ねることが重要になります。




サイト内検索
記事一覧