おすすめ飲食店フランチャイズ(FC)経営ランキング!特に人気のオーナー募集をご紹介!【安定利益で儲かると評判!】

飲食のフランチャイズを解約する時の違約金の仕組み

公開日:2019/05/15  

フランチャイズ契約をするに当たり気をつけておきたいところはいくつかありますが、その中でも違約金の支払いはしっかりと理解しておかなければいけません。

まず、どのような条件により発生するのかを確認しておく必要があるでしょう。

また、発生するとした場合いくらぐらいになるのかを確認しておかなければなりません。

 

フランチャイズによって何が違反になるかが変わる

違約金が発生する場面は、フランチャイズ契約を結んでいながらフランチャイザーが意図している契約内容に反する場面です。

これは、フランチャイザーによって異なってきますので、よく確認しておかなければならないところです。

一般的には、契約期間中に途中で解約してしまう場合がこれにあたるでしょう。

例えば、3年契約でおこなっている場合何らかの理由により途中で解約をしなければならなかったとします。

この場合には、契約内容に反しますので解約した時に余分にお金を支払わなければならない可能性が高いです。

後は、契約が終了した後にも発生する可能性があるといえるでしょう。

どのような契約が考えられるかといえば、例えば飲食店のフランチャイズ契約を結び、契約期間が過ぎて解約したとします。

たいていの場合、数年以内に違う会社の飲食店を開いてはならないとしています。

フランチャイザーによっては、解約してから5年は飲食店を開いてはいけない決まりになっているため、それに違反をすると違約金が発生する仕組みです。

 

やむを得ずに解除することもある

違約金が発生するといっても、どのぐらいのお金を支払わなければいけないか気になるところでしょう。

そこで、具体的な例を見ていくと、例えば、契約期間が満了しないうちに解約した場合にはそこまで大きなお金が発生するわけではありません

そもそも、やむを得ずに解約しなければならないこともあるからです。

例えば、オーナーが病気になってしまいお店の経営をすることができない場合は、無理して経営を続けるのも困難になります。

この場合、素直に解約してしまったほうがよいですがこの時1000万円以上支払うとなればかなり大きな負担になってしまいます。

意図的におこなった場合でない限り、通常はそこまで大きなお金が発生しないといえるでしょう。

たいていの場合、7ケタ未満になることが多いです。

 

意図的に違反した場合には金額が高くなることも

違約金が発生する場合も、意図的にフランチャイザーを害するような目的でおこなった場合には金額が高くなる可能性があります。

例えば、解約をしてから5年間はほかで飲食店を開いてはいけないとする契約があった場合、それがどのような条件であろうとも契約を結んだ以上は守らなければいけません

もちろん公序良俗に反する場合は別ですが、そうでなければ確実に守らなければいけないものになります。

しかも、うっかり間違えて5年以内にお店を出してしまったということはまず考えにくいです。

たいていの場合、意図的にお店を開いていることが多くなります。

このような場合には、たくさんの違約金が請求される可能性が高いと考えてよいでしょう。

 

フランチャイズ契約は非常に魅力的になりますが、契約内容に反してしまった場合には違約金が発生することがあります。

その例の一つとしては、契約期間中に解除してしまった場合です。

フランチャイザーとしても契約期間はお金が入るものと考えていますので、これに反して解除してしまった場合にはお金を支払わなければならないのは仕方がないことといえます。

ただ、やむを得ない場合もありますので、支払い金額はそこまで多くならないことが多いです。

ですが、解約をしてから5年以内はほかで飲食店を経営してはいけないとする決まりだった場合には、これに違反したとすれば支払い金額が高くなる可能性はあります。

いずれにしても、契約の段階でしっかりとどのような条件で違反になってしまうかを見ておかなければいけません。




サイト内検索
記事一覧