おすすめ飲食店フランチャイズ(FC)経営ランキング!特に人気のオーナー募集をご紹介!【安定利益で儲かると評判!】

フランチャイズの契約書の書き方を知ろう

フランチャイズに加盟して飲食店を経営するのに押さえておきたいポイントがあります。

始める業種だったり収益の高さだったりどれも大切なことばかりです。

契約するにあたっては必ず契約書を作成します。読んで記入するだけですが、それが後々のビジネスに大きな影響を与えるのです。

 

契約書はとても重要な物

 

業種のジャンルを問わず全てのフランチャイズビジネスは互いの契約によって機能します。フランチャイジー(本部)とフランチャイザー(加盟店)の信頼関係が必須です。

そのため、加盟する際は必ず契約するための契約書を記入します。契約書を書くことで互いを信頼するビジネスパートナーとして事業展開することを約束するのです。

ただの紙だけでなく、将来のための大変重要な意味が込められています。本部はお店独自のブランドと経営ノウハウをもっています。全国展開されている知名度の高いお店はこうした傾向が多いです。

本部にとってそれらを加盟店のオーナーに貸して、オーナーは企業の看板を背負います。契約には当然合意すべき規則などが存在します。

看板も含めた商標権・ノウハウ・経営サポートの対価などをオーナーは支払います。これらの支払いはロイヤリティーと呼ばれます。これからの経営に関するあらゆることが書かれているので契約書は特に重視してください。

 

契約書を書くにあたって重要なお金のこと

 

契約の際に加盟店オーナーは加盟金を支払います。サポートを受ける代わりに月々のロイヤリティーも支払います。また、研修費やシステム使用料など他経費が発生するケースもあります。

それらの諸費用の金額と内訳がどうなっているか確認しましょう。特にロイヤリティーの部分は重要です。

ロイヤリティーの金額は売上高で変わる変動制、毎月一定額がかかる固定性に分かれています。加盟するお店はどちらに当たるのかは必ず目を通しましょう。

フランチャイズビジネスには数年間の契約期間があります。原則として契約が満期になるまで事業を維持する必要があるのです。

オーナー都合や経営不振で中途解約をする必要が出てきた場合は違約金が発生します。特に契約期間と違約金に関しては起こりがちなトラブル。

契約書に目を通さないことで起こったケースも多いです。未然にトラブルを防ぐためにも、契約期間と中途解約についてしっかり理解しましょう。

 

見落としがちなポイントには注意

 

オーナーは本部の商標を借りて飲食店を経営し、ノウハウも細かく指導されます。本部にとっては大事な看板なので、多くの場合は特許庁に登録して権利が守られています。

商標を借りるにあたっては本部が提示する規則や指導を守らないといけません。このことは契約書にきちんと記載されています。

万が一商標を不正に使用すると大きなトラブルに発生するリスクがあります。ビジネスを成り立たせるためにくれぐれに注意しましょう。

大手フランチャイズチェーンではテリトリー制という制度があります。テリトリー制があると特定のエリア内で加盟店や直営店の出店を制限することができます。

ルールや対象エリアは様々で、企業によっては採用されていないかもしれません。フランチャイズ契約においてテリトリー制は見落とされがちです。

特に大手飲食店に加盟するならテリトリー制の有無はチェックしましょう。肝心の書き方ですが、フォーマットを安易に利用して書くことはやめましょう。

フォーマットは雛形とも呼ばれ、ウェブ上で必要事項を入力して契約書を作成できるツールです。便利なツールですが、企業によって記入するスタイルが異なるので全てには対応していません。

記入事項が漏れたりなどがあれば、後々トラブルにつながりかねません。そのようなツールはあくまで参考とし、契約書のフォーマットは企業の公式ページから手に入れてください。

 

フランチャイズの契約書には多くの記入項目があります。特に起業が初めての人には難しく感じますが、この部分をおろそかにしてはいけません。

重要ないくつかのポイント理解し、企業のフォーマットに沿った契約書を作成しましょう。本部と加盟店がこれから経営していくための大切なことが詰まっているのです。

あとからトラブルを起こさないためにも大事な紙となります。もし作成で不明な点があれば、本部側に問い合わせるのも一つの手です。




サイト内検索
記事一覧