おすすめ飲食店フランチャイズ(FC)経営ランキング!特に人気のオーナー募集をご紹介!【安定利益で儲かると評判!】

飲食のフランチャイズ加盟に必要なものとは?

飲食店フランチャイズに加盟する場合の手続きはとても簡単で、そこまで難しく考えることはありません。

どちらかといえば開業後の確定申告の方が難しいと言えるくらいですが、こちらはどのような職種でも行う必要があるので問題ありません。

開業資金について銀行から融資を得るのであれば、やはり人気のあるフランチャイズの方がお金を貸してもらいやすくはなります。

これを踏まえてご説明していきます。

 

フランチャイズ加盟店の必要手続きについて

フランチャイズ加盟店は個人事業主として開業します。

この場合、必要な手続きは税務署へ開業届けを出すことで完了しますのでかなり簡単です。

その開業手続きは仕事を始めるときに出せば良いのですが、開業後1ヶ月以内に出すという決まりがあります。

開業届けの内容は簡単なもので、所在地情報・事業概要などを記載するのみで良いです。

屋号の記入は必要ないので、もし屋号が決められなかったという場合でも、空欄にしておいて問題ありません。

確定申告は開業後に行う必要がありますが、個人事業主の確定申告は「青色申告」「白色申告」の2種類が存在しています。

青色申告をする場合は税務署にその旨を伝える必要があり、開業後2ヶ月以内に申し出なければいけないとされています。

青色・白色の違いは、青色の場合は65万円もの節税特典があり、複式簿記で帳簿をつける必要がありますので少し手間がかかります。

白色の場合は節税の特典はありませんが、手間をかけずに行うことがきます

経営に慣れるまでは白色で行うことも可能です。

 

評判の良いフランチャイズ加盟店は

近年は「終身雇用」「サラリーマン神話」など長年信じ続けられてきた神話が崩壊しつつある時代です。

サラリーマンになれば将来は安泰という時代が遠い過去のようになりました。

それに伴い、副業や個人事業主など様々な方法で安定した生活を手に入れようとする人が増えてきていますが、その中の一つとして「フランチャイズによる飲食店の運営」が挙げられます。

手続きも簡単で誰にでも気軽にできるというイメージもあります。

初期投資はそれなりに必要となりますが、技術のなどの習得は頑張ればどうにかなるという一面もあります。

この世に人間が存在している限り「飲食」という行為がなくなることは皆無です。

うまくいけば、大企業の中で平社員として働くよりも安定した高い収入を確保することができるかもしれません。

しかし、闇雲にフランチャイズ加盟店を選択するだけでは、銀行からの融資も難しいです。

やはり、収益が見込めるところへ銀行もお金を貸したいと思いますよね。

フランチャイズの中でも、評判が良く、地域性にもあっているところが良いですね。

 

人気の飲食フランチャイズ加盟店を挙げてみます。

飲食フランチャイズ加盟店の中で、最も人気のある「らあめん花月嵐」は「ラーメンは世界に誇る日本のエンターテイメント」と豪語しており、25年以上・250以上の店舗を持っている強豪とも言える存在です。

ラーメンを販売するだけではなく、カリスマラーメン店主や話題のご当地ラーメンとコラボ商品を開発することに念を入れており、話題性がありお客様にも飽きられることがありません。

高い確率で利益を出すことができるという独自プラン・素人でも一流ラーメン店オーナーになれると言われている教育制度によって、至れり尽くせりのフランチャイズ加盟店となります。

次に挙がるのは「いきなりステーキ」です。

こちらはステーキ店ではかなりの知名度があり、とてもユニークな経営スタイルを持っています。

ステーキハウスは美味しいけど高いというイメージが強いですが、独自の手法によって美味しくて安いステーキを提供するお店として特化しています。

男性客だけではなく、若い女性客からも支持を得ているのでどのような立地にも適応しそうですね。

 




サイト内検索