おすすめ飲食店フランチャイズ(FC)経営ランキング!特に人気のオーナー募集をご紹介!【安定利益で儲かると評判!】

飲食フランチャイズで考えられるリスクとは?

公開日:2019/10/01  最終更新日:2019/09/27

フランチャイズとは、本部の方に加盟金などを払うことで、その会社の商標やノウハウを利用できるもののことを言います。飲食店の開業に関しては、ノウハウを利用できるということからフランチャイズ契約を利用する人も決して少なくありません。しかし実際には全くリスクもなく運営できるとは限りません。

フランチャイズを利用する場合のリスク

フランチャイズ契約をする場合は加盟金などを本部の方に払わなければなりませんが、その場合に状況によっては支払金のほうが利益よりも高くなる可能性もあります。一般的には50万円以下の初期投資で始めることができるとか、初心者でも簡単におこなえるものなどいろいろとあります。

しかし本当に、最初に投資したお金以上のものを手に入れることができるとは限らず、ときには大損してしまうことだってあり得ます。たしかにお店を開くのは自分でゼロから作るよりも手軽にできるし、何より未経験の人でも飲食業を営むことができるようになります。

本部のノウハウを忠実に再現できるかどうか、それによってもかなり売り上げに差が出てしまう可能性は否めません。さらに本部の評判が悪くなった場合、その情報はインターネットの普及によって一気に拡散されてしまいますが、その影響は加盟店の方にも及びます。

つまり、自分のところが正しい運営をしていたとしても、本部の状況によっては経営状況が悪化してしまう可能性があるということです。もちろん自分たちの経営状況は決して悪くなくても、本部がもしかしたら倒産してしまう可能性も存在しています。

だから、フランチャイズというのはたしかに魅力的なシステムですが、決して安全とは言い切れず、そこにはリスクが存在しているということを知っておきましょう。

実際に加盟店にならなければ見えないところもある

初心者でも大丈夫とか、研修制度が充実しているので安心して運営ができるなどの文言が書かれているフランチャイズの募集も存在しています。

たしかに本部のネームバリューを利用して運営できるので、初心者でも飲食店を開くことができるし、何より商品開発などをする必要もありません。また、研修制度が充実しているので、経営し始めてからどんどん知識などを増やし、その知識を経営に生かすことができるメリットもあります。

しかし、実際には研修制度があまり充実していないとか、完全な初心者では技術がないため、かなり苦労するということもないわけではありません。

ただこのようなことに関しては、加盟店になるまではなかなか外から見えないことも多々あります。だから加入しなければその状況を把握しづらいというリスクも、実はフランチャイズ契約には存在しているということを知っておきましょう。

しっかりと計画しなければ失敗することも

実際にフランチャイズ契約をすると、加盟金とかロイヤリティとかを払う必要があるので、想像していたよりも支払金が高くなることもあり得ます。もちろん契約前にどれくらい開業してからの利益が期待できるかというのを図などで見せてもらうことも可能ですが、そのとおりになるとは言い切れません。

あくまでもそれは運営が軌道に乗り、ある程度の利用者がいるお店に成長させることができるかで大きく変わってくるからです。つまり、しっかりと計画を立てずに安易に開業してしまうと、結果的に収益がほとんど期待できない状態になる可能性も否定できません。

さらにその経営状況によってはもしかしたら本部側から契約を解除されてしまうこともあるので注意しましょう。開業自体はフランチャイズなので手軽におこなうこともできますが、実際にはなかなか見えづらいリスクもあるので、十分気をつけると良いでしょう。

 

フランチャイズ契約をすることによって、本部のネームバリューやノウハウを利用することができるようになります。そのため初心者でも簡単に開業できるメリットもありますが、決してリスクがないというわけではありません。

例えば本部の評判に運営はかなり左右されてしまう可能性があるし、研修制度が充実しているかは加入してからでなければなかなか分かりません。さらに無計画ではなかなか収益が期待できないし、何より経営状況によっては本部から契約解除となってしまうリスクも存在しています。




サイト内検索
記事一覧