おすすめ飲食店フランチャイズ(FC)経営ランキング!特に人気のオーナー募集をご紹介!【安定利益で儲かると評判!】

ラーメンの飲食フランチャイズに向いている人とオーナーの役割

公開日:2019/11/01  最終更新日:2019/11/29

ラーメンのフランチャイズに加盟してビジネスを成功させている人たちの多くが、日頃から顧客の声に耳を傾けています。特にラーメンの客単価は低いので、固定客を確保して経営を安定させることが大きな課題です。

そのためには定番メニューを活用や顧客のニーズを考えて新商品を開発、サイドメニューの売り上げを増やすなどの工夫も必要です。

オーナーに適している人の特徴とは

独立してラーメン店を開業する場合には、フランチャイズに加盟するのが最も効率的です。店舗運営のノウハウを教えてもらえる上に、食材の仕入れルートも確保できるからです。

ただし、サポートが手厚いフランチャイズに加盟した場合でも、オーナーが積極的に経営にかかわることが最も重要です。来店者の立場になって接客をし、汚れが見つかったときにはすぐに掃除するなど、きめ細かい対応ができる人がオーナーに最も適しています。

実際、飲食業界での経験が豊富な人の方が、フランチャイズに加盟してビジネスを成功させる可能性が高いのも事実です。異業種出身者であっても、創意工夫しながら店舗運営に全力で取り組むと高収益のラーメン店経営が実現できます。

店舗を開業するときには、売り上げなどのシミュレーションを事前に行うのが一般的です。予測通りに売り上げが伸びないときには、すぐに経営の改善計画を構築する必要があります。

現状を冷静に分析して適切な対策が行えるオーナーであれば、困難な状況をすぐに改善することが可能です。飲食業界の動向をこまめにリサーチして、顧客の動向に合わせて経営のスタイルを微調整するのがポイントです。

経営の安定性を高めるためのテクニック

ランチタイムにラーメンを食べる人が多いですが、夕食時にも顧客を獲得すると店舗経営の安定性が更に高まります。そして時間帯に合わせて、最適なメニューを充実させることが大切です。特に昼食時には常連客が数多く来店するので、低価格のランチメニューを充実させるのが理想的です。

確かにランチメニューの客単価は低いですが、来店者数を増やすことで売り上げと収益を高められます。初めて訪れた人をリピーターにすることが、飲食店経営の安定化への近道です。そのためには折り込みチラシなどを活用して、エリア限定でお店の存在を強くアピールすることも大切です。

クーポン付きのチラシを定期的にポスティングすると、新規顧客の獲得も更に容易になります。夏場に来店者数が減る場合には、シーズンごとに冷やし中華などのメニューを導入する方法もあります。顧客の動向に合わせて商品ラインナップを変えるのが、ビジネスを成功させるための最も良い方法です。

売り上げアップに必要なオーナーの取り組み

ランチャイズに加盟する場合には、定番メニューを活用して固定客を確保するのが一般的です。しかし地域や季節によって来店者の好みは変化するので、オーナーもオリジナルメニューを開発するなどの地道な努力をするべきです。

飲食店でのキャリアが長い場合には、比較的容易に新メニューの開発を行うことができます。餃子や焼売などのサイドメニューを充実させると、平均客単価を大幅に増やせるようになります。

一方で来店者の属性に合わせて店舗デザインを変えると、立地条件が悪くても収益性を高められます。明るいイメージの店舗デザインは、ファミリー層が多い住宅街周辺の立地条件にも最適です。売り上げが伸び悩んでいるときには、フランチャイズの運営会社との対話を重視するべきです。

運営会社の経営支援システムを積極的に活用すると、開業当初の困難も乗り越えることができます。オーナー自身がお金の流れをリアルタイムで把握することが、店舗経営の効率化でも役立ちます。

 

フランチャイズを活用したラーメン店の運営を成功に導くための基本は、オーナー自身が工夫して積極的に経営に関与することです。地域のニーズを分析して定番商品と独自メニューを活用すると、経営の安定性も大幅にアップします。




サイト内検索
記事一覧
おすすめの飲食店フランチャイズ紹介