おすすめ飲食店フランチャイズ(FC)経営ランキング!特に人気のオーナー募集をご紹介!【安定利益で儲かると評判!】

フランチャイズのロイヤリティーとは何?

公開日:2019/02/01  最終更新日:2019/01/28

フランチャイズ経営の主な特徴のひとつが、本部に対して支払うことになるロイヤリティーです。

したがって、ロイヤリティーとは何かということをしっかりと理解することが、飲食店などのフランチャイズ経営を成功させるために重要になります。

 

ロイヤリティーを支払うシステムとは

ロイヤリティーというのは本部の認知度、それからブランドイメージ、そしてテクニックを有効に活用する代わりに、加盟店が本部に支払うことになる金銭のことを意味します。

知名度のあるブランドの看板をつけた店舗と、何一つない店舗とでは、自明のことですが売上数も変わってきます。

看板をセッティングしたことによる良好な変化を、売上数の数パーセントを支出することによって、本部に対して還元するシステムがあります。

 

主要なロイヤリティーの種類について

一括りにしてロイヤリティーと言いましても、その計算法は様々です。

スタンダードに活用されているのが、売上歩合方式になります。

加盟店の売上高の数パーセントを本部に対して払うスタイルです。

売上高が膨れ上がるにつれ、パーセンテージが安くなる形の本部も少なくありません。

パーセンテージに関してはビジネスによって相違し、数パーセントから50パーセントまで多種多様です。

次に、単純で理解しやすい方式が、定額方式になります。

どれほど売上があったとしても、一カ月ごとに支払うロイヤリティーが一定額のスタイルです。

こうした方式であると売上数が上がるほど、手元に残る額が多くなるので、営業努力もしくは企業努力といった取り組みが反映されることになります。

本部により異なってきますが、1ヵ月数万円から十万円レベルの本部がたくさんあります。

また、粗利分配方式があります。

非常に多くのコンビニエンスストアのチェーンで取り込まれているシステムです。

売上総利益に対して算出が実施されます。

率については、およ30か70パーセントで、売上高に適応した変動も細々と規定されています。

コンビニエンスストアに関してはフランチャイズパッケージが改良されている業態といえます。

本部へとわたった資金については、商品開発やコマーシャル、システム改善などに活用され、集客や運営効率の発展に貢献しています。

 

支払うロイヤリティーの相場の事例

ロイヤリティーに関しては即座に金額の大小に目が向きますが、業種に呼応して相場があるとされています。

その中にあっても、納得する設定をしている本部を探し出すことが必要不可欠になります。

飲食業の相場は、3から10パーセントくらいです。

人件費や材料費などの費用がかかり、原価率のとても高い事業のため低く抑制されています。

さらに、塾は0%か30パーセント程度と、飲食業と見比べて高く設けられています。

材料費もなく、原価がそれほどかからない事業のため、飲食業と照らし合わせるととても高いロイヤリティーとなっています。

個々の相場はあるものの、その率を理解して払い続けられるかという所を自らが判断することが重要になります。

 

加盟する業種それから本部により、金額や計算法が異なります。

ブランド力及びテクニックを使わせてもらう対価として、その金額を納得できるのかという所を軸に、情報に対する収集や検討をすることが重要になります。

どの程度の率、金額が正解なのかは、一まとめにしては言えません。

このブランドなら払っても良いと考えられるかどうかが大事になってきます。

加えて、ロイヤリティーを除いたお金の流れにも着目しましょう。

本部は店の数を増やしていくために、望ましい経営状況となるよう設定しています。

本部と加盟店間で発生する金銭の流れ全体を見て、金銭の流れに納得感を持っていることが、期待外れにならないフランチャイズ選考を実現し、本部に対しての関係を良いものにするために重要なことです。




サイト内検索
記事一覧