おすすめ飲食店フランチャイズ(FC)経営ランキング!特に人気のオーナー募集をご紹介!【安定利益で儲かると評判!】

飲食フランチャイズの主な開業スタイルとは?個々の特徴を理解しよう!

公開日:2021/11/15  最終更新日:2021/12/14


数あるフランチャイズ業界の中でも選択肢の多さが魅力的な「飲食フランチャイズ」は、開業を検討している人も多い人気の業種です。ここでは、そんな飲食フランチャイズの主な開業スタイルやそれぞれの特徴、成功の秘訣について解説していきます。

飲食フランチャイズの仕組み

フランチャイズとは、個人事業主や法人がフランチャイザーと呼ばれる本部と契約し、商標やノウハウを提供してもらう仕組みのことです。具体的には個人・法人がフランチャイズ本部の加盟店となることで、確立された商品・サービスや経営ノウハウなどを使用する権利をもらい、その対価として本部にロイヤリティを支払う契約を結びます。

飲食フランチャイズの主な開業スタイル

一口にフランチャイズといっても、さまざまな開業スタイルが存在します。ここでは、飲食フランチャイズの主な開業スタイルについてご紹介していきます。

フランチャイズチェーン

フランチャイズチェーンでは、本部から提供される商品・サービス、接客マニュアル、経営ノウハウなど、一連のビジネスに関して必要な要素をパッケージ化したものを基盤として経営を行っていきます。そのため、店舗経営未経験の方でも飲食店を持つことが可能であり、開業のハードルも低いことが特徴です。

フリーネーム

フリーネームとは、屋号(店名)を自由に名づけることができる開業スタイルです。フリーネームのフランチャイズは屋号だけでなく、商品・サービスの考案や店舗の雰囲気づくりも可能です。一見するとフランチャイズよりも自由度が高いことから、異なる経営形態と思われがちですが、店舗の雰囲気やメニューを自分で自由に決められる代わりに、本部から店舗で扱う商品の材料などが提供される仕組みとなっています。

フリーネームは、個人開業とフランチャイズのメリットを掛け合わせたスタイルであることから、「フランチャイズに興味はあるが、あまり制限されず自由にやりたい」という方におすすめの開業スタイルです。

併設

併設とは既に自分が持っているお店に加え、空いた時間やスペースに異なる業態をプラスして売り上げの向上を図るビジネススタイルです。業界・業種未経験でも参入しやすいというフランチャイズの特性を活用し、「レストラン+本屋」など異業種同士を併設することもできます。「今ある自分のお店を経営しながら新しい事業に挑戦してみたい」という方におすすめの開業スタイルです。

飲食フランチャイズを成功させるためには?

飲食フランチャイズを成功へと導くためには、ビジネスパートナーとなる本部の選び方が重要となります。そこで、信頼できるフランチャイズ本部選びのコツについてご紹介していきます。

本部との相性を確認する

飲食フランチャイズで成功するために最も重要なことは、ビジネスパートナーとなる本部との信頼関係です。気になるフランチャイズが見つかった際には、説明会などに参加して担当者と話し合い、本部の事業に対する姿勢や経営理念に共感できるかしっかりと吟味し、自分と相性のよい本部を選びましょう。

複数の本部から比較検討する

飲食フランチャイズは数多く展開されているため、1つの本部に絞らず、複数の本部の中から比較検討し、それぞれの利点や欠点を分析することが大切です。よりよい条件でフランチャイズ開業を行うためにも、複数のフランチャイズをチェックしてみましょう。

 

この記事では、主な飲食フランチャイズの3つの開業スタイルやその特徴、フランチャイズを成功させるためのコツについて解説しました。飲食フランチャイズは未経験でも業界に参入しやすい点が魅力的な経営形態です。ぜひこの特性を活用し、自分に合った開業スタイルを見つけてみてください!

サイト内検索
記事一覧