おすすめ飲食店フランチャイズ(FC)経営ランキング!特に人気のオーナー募集をご紹介!【安定利益で儲かると評判!】

飲食のフランチャイズは研修・サポート制度が充実!

フランチャイズ(FC)形態の店舗営業は日本でも大変普及しています。

自分で事業を始めたいという人の中で、いきなり独立開業するよりはある程度知名度がありブランド力がある飲食店のFCに加盟を考えている方もいます。

確かにその方がリスクは少なそうですが、軌道に乗るまでしっかりした研修やサポートが行われているか心配という人も中にはいるでしょう。

飲食店のフランチャイズはどのようなサポートを行うのでしょうか。

 

未経験者でもFC店加盟が可能か?

フランチャイズ契約を締結して新規開業する場合、どのフランチャイズ本部でも開業時のサポート・教育制度・開業後の継続的な経営支援制度を行っています。

しかしどのFC店が手厚いサポートを行なうかは分りません。

特に飲食店は自身で経験したことがない事業ですから、未経験の状態で新規開業をする場合、オペレーションや社員教育など日々の業務をどのように行ったら良いかさえ分からず不安です。

しかし多くの飲食店のFC本部は、同じ商標・マークを店舗に掲げ、同じ商品・サービスをどの店舗でも同じ雰囲気で提供する必要がありますので、実際の店舗運営のための教育制度に、大変力を入れています。

またFC本部においても、多様な業界からの出身者が加盟店のオーナーとして活躍することで成功させ、より多くのFC加盟者を増やし事業展開に弾みをつけたいと考えています。

多くの飲食店のFC本部のサポートは大変充実していて、未経験者でも安心して店舗運営や事業展開ができるよう、カリキュラムが設けてあることが多いです。

従って安心して取り組むことができる体制が整っています。

 

研修の内容はどういったものか?

飲食業界のフランチャイズ店によって新規開業するため、最初は加盟店のオーナーの研修が行われます。

これは本部に担当者がおり、カリキュラム化されていることが多く安心して受けることができるでしょう。

内容は本部への事業報告や商品の流通システム、お客を増やすための広告宣伝方法、実業務のオペレーションなど、店のオーナーに必要な教育研修からアルバイト・従業員の採用、その育成方法、マネジメントスキル・スケジュール管理などとなり、他にもオーナーに必要なリーダーシップ研修までと幅広いものになっています。

業界未経験者であっても、細部にわたったオペレーションがマニュアル化されていますので多くの場合、短期間での習得が可能になっています。

この点がフランチャイズ店の特徴で、誰が研修を受けたとしても容易に身に付けることが可能です。

リーダーシップについてはどの業界にいたとしても発揮できる分野であり、自身の経験から最初から実力を発揮できるという方も多いでしょう。

FC店加盟して独立を考えるほどですから、この点に不安がある方は少ないと考えられます。

 

継続的な研修やサポートを行なうか?

フランチャイズ店本部は、顧客開拓などのため定期的なオペレーションの変更や新製品・新サービスの導入を行います。

そのためこうした業務上の変更が生じたとしても、本部からその都度教育研修が実施されることになります。

店ごとにサービスの違いやマニュアルが異なっていては、同一のサービスとは言えなくなりますので、画一化を図るのです。

そのため、継続した教育は本部からその都度行われますから不安な点は発生しません。

大手のフランチャイズ店ほどこういった教育制度が充実している傾向があり、加盟契約を締結するときは、短期的な利益目標や売上げだけでなく、長期的な教育システムが図られているものであるかどうかも見極める必要があります。

また研修内容や充実度などを確認しておくことも重要で、開業したら店のオーナーに任せっぱなしにしないか、後々のフォローを行う本部かどうかなど、多くの口コミや評判から情報収集しておきたい部分です。

加えて売上げや利益に応じて支払うロイヤリティなどの契約条項も確認しておきたい部分になります。

 




サイト内検索