おすすめ飲食店フランチャイズ(FC)経営ランキング!特に人気のオーナー募集をご紹介!【安定利益で儲かると評判!】

飲食のフランチャイズの税金対策とは?

公開日:2019/09/01  最終更新日:2019/07/30

飲食店のフランチャイズに参加する場合には、様々な面でお金がかかります。

そのため最初からある程度金銭的な負担を考えておくのが良いでしょう。

しかしその一方で、税金対策をすることも決して不可能ではありません。

あらかじめ税金対策の方法を理解しておけば、安心してフランチャイズ契約をすることができるはずです。

経費の種類をよく理解しておくことが大事

飲食店のフランチャイズの場合には、さまざまなものを経費にすることで節税をすることが可能になります。実際にどのような経費がかかるかと言えば、例えばお店を開くときに固定資産を購入した場合です。ある程度大きな冷蔵庫や冷凍庫などを購入したときには、それを経費として計上することが可能になるでしょう。このような場合には、その分だけ節税をすることが可能になります。

次に、自動車に関しても経費にすることが可能になるでしょう。自動車は、普通に購入をすれば普通通りの税金はかかりますが、仕事上使う自動車の場合には経費として計上されるため税金が軽くなるでしょう。ただ、自動車であれば何でも良いわけではありません。例えば、コンビニエンスストアなのに、高級外車などを購入してしまった場合には経費にならない可能性があるでしょう。

これはどのように判断されるかと言えば、例えばその仕事に関係あるかどうかで判断されることが多いです。果たして飲食店のフランチャイズなどで高級外車が必要なのかと言う問題があるでしょう。大抵の場合は認められませんので、その飲食店のフランチャイズに見合った普通自動車軽自動車等を購入すると良いです。それがもし配達に利用されるとすれば、経費として認められます。

ちなみに、オープンカーなどの自動車やクーペ等は経費として認められにくい傾向がありますのでドアが4つ付いているものやハッチバックタイプのものを利用すると良いです。さらには、中古車を利用したほうがより節税対策に貢献できることも理解しておきましょう。

消費税の負担も考えておくと良い

消費税は、普段買い物をしていれば支払うものですので今の日本人にとっては支払うことが当たり前になっています。お金を払うときも、消費税を意識しないことが多いでしょう。しかしながら、飲食店などになればある程度大きな出費が考えられますので消費税の負担もそれなりに大きくなることが予想できます。

特に、将来的に消費税が8%から10%に移行するとすれば負担は一気に増大します。そこで、消費税の節税方法として売り上げを考えることが重要になるでしょう。売り上げを1,000万円未満にすることで、節税することが可能になるでしょう。そのため1,000万円の売り上げを超えるかどうか微妙なときは、あえて売り上げを伸ばさない仕組みにする必要があります。これにより、税金対策にもなり得るでしょう。

フランチャイズでふるさと納税を利用する

フランチャイズ契約をおこなう場合の節税対策の1つは、ふるさと納税を利用することです。ふるさと納税は、その地方の商品を購入することができる店でお得になります。しかもこの段階で納税をしておけば、通常の納税だけでなく商品が入ってきますのでその分だけお得な計算になります。ふるさと納税を利用して商品を購入し、飲食の素材にしても良いでしょう。

 

フランチャイズの飲食店で節税対策をおこなうための1つが、可能な限り経費を利用することです。特に、自動車を購入するときは経費で計上すればずいぶんとお得になるでしょう。ただし、経費として認められない自動車の種類もありますので、事前にチェックをしておく必要があります。フランチャイズならば、軽自動車や普通自動車のセダン、ハッチバックなどが認められやすいです。

消費税も、売上金を調整することで十分な節税対策になり得ます。さらには、ふるさと納税を利用する方法も考えられます。




サイト内検索
記事一覧