おすすめ飲食店フランチャイズ(FC)経営ランキング!特に人気のオーナー募集をご紹介!【安定利益で儲かると評判!】

知っておこう!フランチャイズチェーンと直営店の違いとは?

公開日:2019/07/01  最終更新日:2019/05/22

フランチャイズは、身近な場所では知名度の高い飲食店もしくはコンビニエンスストアなどでシステムを組み込んでいるところが多くあります。

実際のところ運営されている店には直営店及びフランチャイズチェーン店が存在しています。

そして両者には、明白な違いがありますのできちんと理解する必要があります。

 

直営している場合のメリットとデメリット

 

直営店というのは、本部がマネージメントしている店を意味しています。一方フランチャイズチェーン店については、本部に加盟する店ということになります。

こちらのふたつのタイプの店には、個々にメリットやデメリットが見受けられます。 直営している店は本部が直接の運営をしますので、新規商品を試験的に売ったり、新システム運用に取り組んだりできます。

それから、その折に把握したデータをもとに、他の店に対して展開をすることができます。いってみれば、データを取得するための管理運営をすることができます。

その他、本部が直接の運営をしていることから、店の実益は会社利益になります。 一方店を増加させるときには、相当な資金が必要になるため、デメリットといえます。

 

フランチャイズチェーン店のメリットとデメリット

 

フランチャイズチェーン店のメリットは、すでに知名度のある企業の名を利用してマネジメントをはじめることができることがあげられます。ネームバリューと運営管理のノウハウを会得して店をマネジメントできる価値は計りしれません。

加えてスケールが大きくなるにしたがって販売品の入手コストが下がり、販売価格競争力が引き上がることが期待できるといえます。 デメリットは、管理運営手法や入荷先の制限、さらに店の売上高とは関係無しにロイヤリティーを収めなくてはいけないこと。ただし、高い加盟料を支払っても、恩恵として独自ノウハウやネームバリューの活用を受けることができます。

 

具体的に相違するポイントについて

 

コンビニエンスストアなどは、同一の名称の店が数多くあります。そうした店の中にはフランチャイズ経営の店舗もあります。

しかし、その中にあっても直営店と加盟するフランチャイズチェーン店があります。そして、大きな相違点は、本部が管理運営しているかどうかで異なります。

前者は、本部が出資し独自にオープンした店をさし、本部社員がマネジメントします。一方、後者は加盟し、本部とは違う事業主がマネジメントしています。

つまり、前者の場合、従業員は本部社員ですが、後者は、加盟店のオーナーが雇用する形です。 また、前者の場合、店や商品等は本部が所有しますが、後者の場合、店や商品等はオーナーが所有します。

また、前者の場合、収入支出は本部がマネージメントしますが、後者の場合の収入支出は、オーナーがマネージメントし、本部に対してロイヤルティを払うことになります。  以上のように両者は、見た感じは同様ですが、内容は相違しています。両者の相違する部分は重要ですから、分からない点があれば本部に相談することが重要になります。

 

名称が同じ店舗であっても、直営店及びフランチャイズチェーン店では店の経営システムが異なっています。 直営店に関しては、フランチャイズの手本としての役割を担います。

新しい商品や新規システムを試みる場所の形での役目もあります。一方フランチャイズチェーン店は、名称や運営管理テクニックを介しての営業が可能なことにメリットがあります。

さらに、こうした相違が影響を及ぼすのは、店の事業主のみならず、店で仕事するアルバイトにも影響を及ぼします。 しっかりと相違点を理解することが、大事になってきます。




サイト内検索
記事一覧