おすすめ飲食店フランチャイズ(FC)経営ランキング!特に人気のオーナー募集をご紹介!【安定利益で儲かると評判!】

飲食フランチャイズを始めたい!楽して儲かりやすい飲食店の種類はどれ?

公開日:2020/04/01  最終更新日:2020/04/15

飲食の仕事に携わりたい人は多く、中にはフランチャイズを利用して独立する人もいます。当たればかなり儲かることで知られている飲食業界ですが、いろいろな種類の店舗があるのでどのタイプの店舗にしようか迷うこともあります。儲くためにはいろいろなアイデアが必要になります。

お弁当屋が増えていて宅配にも対応している

飲食するのにいろいろな種類がありますが、近年弁当屋が増えています。テイクアウト専門なところが多く、低コストで運営することが可能です。飲食業において儲かる分野として話題になっていて、他の飲食店のような食事スペースがないので、開業するのに初期投資を安く抑えることができます。

固定客が増えることによって、着実に利益が上げることができ地元密着型ビジネスとしてはおすすめです。新規参入しやすいこともありライバル店との過当競争になるリスクがあるので注意が必要です。このような競争に勝ち抜くため、独自の差別化的な戦略も重要になるでしょう。

店舗でクライアントを待つというスタイルではなく、自分からクライアントの自宅などへ出向いて宅配するところも増えています。大口の顧客になってくれる企業への宅配はおすすめで、会社など定期的な宅配を行うことによって、安定した収益を得ることが可能です。

宅配による固定客を獲得するにはしっかりニーズをつかむことが大切で、ターゲットを見定めることが重要になります。宅配することによって人件費が増えるようになりますが、宅配に対応するかどうかは地域におけるニーズなどを元にして判断するとよいでしょう。

お好み焼きは材料費が安くお得

飲食業においてお好み焼きなど粉モノのお店は儲かると言われています。材料費が安く、客単価が低いとも言われていて、実際お好み焼きの場合原材料がほとんど小麦粉やキャベツといった安価なものが多いです。大量に仕入れることによって更に安くすることができ、このようなポイントから粉モノのお店は原材料費に対して利益率が高いのは事実です。

店内においてお好み焼きを提供するなら、クライアントの目の前で鉄板を使って自分で焼いてもらうスタイルが一般ですが、人件費を節約することにも繋がるので効果的です。粉モノはお腹を満腹にしやすいので客単価が低いとも言われています。客が鉄板で焼く場合は回転率が悪くなることもあるので、一定客数を確保しなければいけません。

リピーターを増やすのがよく、軌道にのると利益を確保することができるでしょう。お好み焼きやたこ焼きなどの粉モノの場合、店舗型はもちろん最近ではテイクアウト型が増えています。中にはお持ち帰り専門のお店もあり、ランチや夕食に購入する人が多いので一定数の客を期待することが可能です。

フランチャイズからノウハウを得ることができる

飲食店で独立する場合、フランチャイズに加盟したり個人経営として独立することが可能です。フランチャイズはノウハウを得ることができ、店舗や機器などの設置を請け負っているので便利です。有名な看板を掲げられるという観点においてメリットがあり、フランチャイズに加盟し本部に対してロイヤルティを支払う仕組みです。

これらの費用はノウハウの提供や運営サポート、広告宣伝などに対する対価になっていて、本部毎にブランド力やコスト、ノウハウのレベルやサポート体制などが異なります。差別化の方法はいろいろあり、フランチャイズのようなブランド力がある看板を使用したり、スタッフ教育にこだわったりなどさまざまな方法があります。

飲食店の基本としてサービスやメニュー・味わいなどに関して、来店する客は期待をしています。基本的な部分において他の店舗と格差を付けることによってリピーターを獲得することができ、ブランド力などは新規来店を促進するきっかけになるでしょう。

何度も店に来たいと思わせるのに、飲食店としての基本的な部分において差別化を行うのが必要です。客を満足させることはもちろん、感動させることも大切で、期待度を越えることがポイントになります。どのビジネスを行うにしても競合店と差別化することができるかによって店舗の売り上げが左右されるでしょう。

 

いろいろな飲食店があり、フランチャイズされているものもあります。お弁当屋やお好み焼き店などは人気があり、比較的儲かる飲食といわれています。近年宅配に対応している店舗も増えていて、幅広い人が利用していて人気です。フランチャイズに加盟するとノウハウを得ることができ、リピーターを獲得することができます。




サイト内検索
記事一覧
おすすめの飲食店フランチャイズ紹介