おすすめ飲食店フランチャイズ(FC)経営ランキング!特に人気のオーナー募集をご紹介!【安定利益で儲かると評判!】

飲食業で働きたいなら、フランチャイズから始めよう

飲食業で働くには、美味しいメニューを開発するだけでなく安定して利益を上げる必要があります。

競争率が激しいジャンルのため、素人が継続して運営するには厳しいものがあります。

もし、飲食業で働く夢を実現したいならフランチャイズに加盟することをおすすめします。

運営のサポートなどたくさんのメリットがあるからです。

 

国内外で身近にある店舗も多く導入している

フランチャイズは様々なメディアで目にする機会があるので知っている人も多いでしょう。

例えばアメリカ発祥のマクドナルドやケンタッキーフライドチキンもこれにあたります。

日本では不二家から始まり、70年代になれば色々な海外資本が参入しました。

中でも多いジャンルが飲食業であり、現在も増加の一途を辿っています。

飲食店を開業しようとしたら知識やノウハウが必須です。

フランチャイズを活用すれば経営に詳しくない素人でも始めやすいのです。

最大のメリットとしてはそのお店独自のノウハウでサポートしてくれる点にあるでしょう。

人気のあるお店は定番人気のメニューも揃っているものです。

もし一から始めたい場合は自分でメニューを考えないといけません。

フランチャイズなら魅力となるメニューを開発しており、自分で考える必要がありません。

こういった試行錯誤をかけずに提供してくれます。

 

サポートしてくれるのは運営のノウハウだけではない

フランチャイズは一旦契約すればほぼすべてのことを教わります。

運営方法や接客などもマニュアルが完備されており、数週間~数か月の研修期間があります。

加盟さえすればどのように運営していくか頭を悩ませる必要はありません。

担当する店舗の運営だけに集中するだけで良いのです。

特に知名度のあるブランドであれば多くのお客さんを呼べることでしょう。

お店の名前と定番メニューが確立していれば、看板を出すだけで目を引きます。

イメージが良ければ常連でないお客さんも入店する可能性が高くなるのです。

これなら宣伝に苦心せずに経営できます。

より長く開業できる安定感も魅力のひとつです。

独立開業で5年間継続して続ける飲食店はそれほど多くありません。

フランチャイズなら確率も70%とグンと上がるのでより安心感があります。

加盟しているお店ひとつひとつが支店の役割を持っていると言えます。

加盟する際にはロイヤリティーがかかります。

ロイヤリティーは高いイメージはありますが、すべてのお店ではありません。

月に数万円程度の設定をしているお店も多くあるので、無理なく加盟できます。

ロイヤリティーが安く、メニューやレシピもあるお店を活用すれば高い売上も夢ではありません。

契約料が発生しますが発生するメリットはそれ以上と言えるでしょう。

 

加盟する際はメリットだけでなく注意点も理解する

似たような言葉にライセンスがありますが、意味は微妙に異なります。

ライセンスはフランチャイズのように継続的な支援は行いません。

運営や経営は自分で考えることになります。

フランチャイザーの多くは飲食業で長年に渡って運営を行っています。

そのため2~3年ではなく5年や10年など長い目で見て運営を捉えています。

この経営体制を加盟者は学べるのでロイヤリティーを支払う価値が発生します。

もし、自分で飲食店を経営したいならフランチャイズを選ぶ手段もあります。

これなら回り道をすることなく開業の夢を実現できるからです。

加盟にあたってはいくつか注意点があります。

サポートの下でノウハウがしっかり身につけば自分でメニューを考えてみたくなるかもしれません。

フランチャイズは規格に外れたメニューは許可されません。

本部との営業方針にズレが生じたら独立するという考えもあります。

ただし、こちら側の都合で契約を終わらせると同業種の出店ができない場合があります。

契約が切れたとしても過去のノウハウを利用して出店は契約違反になるからです。

その点は契約時の書類を見て確認してください。

独立開業したいなら別の店舗を借りることになります。

 

フランチャイズは長年積み重ねてきた飲食業の実績とノウハウがあります。

ロイヤリティーを支払う代わりにほぼすべてをサポートしてもらうことで飲食店を運営できます。

メリットと注意点の双方を理解して効率的に飲食業を行っていきましょう。




サイト内検索
記事一覧