おすすめ飲食店フランチャイズ(FC)経営ランキング!特に人気のオーナー募集をご紹介!【安定利益で儲かると評判!】

飲食のフランチャイズの契約年数はどれくらい?

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/05/15

飲食店のフランチャイズ契約を行う場合には、いくつか注意点があります。

その中でも、比較的重要なものとして契約年数があるでしょう。

飲食店はどれぐらいの契約年数になるのでしょうか。

これらを知ることにより、より有利にそして安定した経営をすることができるようになります。

 

飲食店の契約期間は5年以上が多い

飲食店のフランチャイズ契約を行う場合、その契約期間に明確な決まりがあるわけではありません。

これに関する法律があるわけではありませんので、フランチャイザーとしては何年契約にしても問題ないわけです。

ただ、常識的に考えてその契約期間はおおむね5年以上になることが多いです。

5年以上といっても最長で10年程度になる傾向があるでしょう。

そのため、契約をする場合にどれだけの期間の契約になるかを事前に確認し無理のない経営ができるかも考えておく必要があります。

なぜこのようなことを気にしなければならないかといえば、契約期間が長くなれば途中で解約することが難しくなるからです。

もちろん解約しても問題はありませんが、違約金が発生してしまうことも考えられます。

例えば5年契約の場合ならば、5年で契約を満了しそのままフランチャイズ契約を解約しても問題ありません。

契約が満了した以上は、違約金が発生することもないでしょう。

ですが、5年契約にもかかわらず3年目でドロップアウトした場合には違約金が発生することも考えられます。

そうだとすれば、契約期間もあまり長すぎないほうがよいともいえます。

 

契約を満了したとは自動更新になることが多い

契約年数の間は少なくとも営業を続けていかなければなりません。

もし契約年数が経過した場合、そのままフランチャイズ契約は解消されるのかが問題になります。

もし解消されるとすれば、もう一度フランチャイザーと契約をし直さなければいけません。

ですが、たいていの場合は自動更新になっています。

つまり、自分たちのほうで契約を解除するといわない限り契約期間が満了したとしてもそのまま契約が続くわけです。

自動更新にしている理由は、本部のほうでわざわざ契約を結び直すのが大変だからになります。

また、ほとんどの場合更新しますので自動更新にしてしまったほうがよいというわけです。

それに加えて、自動更新にしたほうが長く契約を結んでくれるお店が増え結果的に本部の売上が長くなるといえます。

当然店舗所有者の側からみても、わざわざ更新をしなければならない手間を省くことができるためやはりメリットがあるでしょう。

 

なぜ飲食店によって契約期間の違いがあるか

飲食店の契約書などを見比べてみると、その契約期間に開きがあります。

おおむね5年ぐらいになりますが、長いところでは10年以上になる傾向が少なくありません。

このように開きがある理由は、本部がどれだけの期間契約すれば元をとることができるかを考えているからです。

例えば、それほど本部の方初期費用を使わない場合には、それほど長い期間契約をしていなくても十分に元を取ることができます。

ですが、初期費用が非常に高く本部の負担が大きかった場合には、契約期間を長くしなければ元をとることができません。

 

飲食店のフランチャイズ契約では、契約期間がありますがこれはお店によってその年数が異なります。

3年から5年が多いですが中には10年以上のところも少なくありません。

店舗所有者としては、途中で解約してしまった場合違約金が発生することがありますので、契約期間は意識しておいたほうがよいです。

本部がどれだけの期間契約をすれば元を取ることができるかを計算しているため、フランチャイズ契約によって期間が異なるわけです。

初期投資が多ければ多いほど、契約期間が長くなる傾向があるでしょう。

いずれにしても、契約年数は重要な事項ですのでこれからフランチャイズ契約を始めたい場合には契約の前にしっかりと確認しておくべきことです。




サイト内検索
記事一覧