おすすめ飲食店フランチャイズ(FC)経営ランキング!特に人気のオーナー募集をご紹介!【安定利益で儲かると評判!】

かつやの口コミや評判

公開日:2020/07/15  最終更新日:2020/07/10

会社名:アークランドサービスホールディングス株式会社

住所:(本社)〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4-3 新お茶の水ビルディング14階

TEL:03-5217-1535

受付時間:平日9:00〜17:00

フランチャイズ契約をする場合には、ある程度有名な所と契約をしたがる人がいます。しかも人気の飲食店を探している人もいるかもしれません。このような場合には、フランチャイズ契約ができるかつやを候補の1つに挙げてみると良いでしょう。そこで、一体どのような特徴があるのかを見ていきます。

大規模なことが1番の特徴のフランチャイザー

かつやのフランチャイザーは、アークランドホールディングサービスと呼ばれるところになります。このアークランドホールディングサービスは、日本全国に飲食店を展開しているフランチャイザーになります。かつやを含めて340店舗以上展開しており、信頼できる会社と言えるでしょう。

フランチャイズ選びをする場合には、まずそのフランチャイザー自体が、しっかりした会社であることが重要です。この点に関しては、規模も大きく資金も十分ありますので安心できるといえます。それだけの店舗を展開していると言うことは、そのビジネスモデル自体が正しかったと言えるわけです。

このフランチャイザーで店舗を開く場合には、ある程度場所が指定されています。どのような場所が有効かと言えば、まず幹線道路沿いにあることです。その中でも、交通量が概ね片側で1万台の自動車が12時間の間に通り過ぎる位が必要になります。敷地に関しては、200坪以上のところが望ましく駐車場も15台以上確保できるところが重要になります。

ただ、全てが国道沿いや幹線道路に沿ってあるわけではなく、都会に行けば行くほどビルの中に店舗がある可能性もあります。この場合には、主要駅前に店舗を構えることが多いです。目安としては、乗降客が1日5万人以上いる駅前が条件となっています。

このような場所を探すことにより、一定のお客さんの出入りが期待できるわけです。そのような場所が見当たらない場合でも、フランチャイザーのほうに連絡をすることで、良い場所を見つけてくれるでしょう。

出店条件等の中でも金額を見ておこう

出店をする場合には、出店条件が重要になるところです。この中で気になるのは、一体どれぐらいのお金がかかるかでしょう。多くの人は、お金を集めることに難儀していますので、最初の段階でどれぐらいのお金が必要なのかを確認しておく必要があります。

かつやをオープンさせるためには、まず加盟金が500万円必要になります。また加盟保証金として200万円の用意をしておかなければいけません。この両方を合わせると700万円になりますが、それ以外でも建物を建築する費用とさまざまな商品を購入しなければならないことを頭に入れておかなければいけません。

例えば建物を建築する場合はおよそ5000万円のお金が必要になります。概ね全国的にお店の大きさが決まっていますので、それぐらいのお金が必要になると考えておきましょう。この場合は、国道沿いなどに店舗を展開する場合に限られます。都会のように、ビルの中にお店が入っている場合には、基本的にテナントを借りる形になりますのでそこまでお金はかかりません。

ただし、毎月の賃料は100万円前後になるため、5年間お店を継続したときには国道沿いに建物を建築する位の賃料を支払っている計算になります。冷蔵庫や冷凍庫あるいは指定された商品などを購入しなければいけませんが、それらで2000万円位のお金がかかると考えてよいでしょう。

気になるロイヤリティーはどれぐらいになるのか

初期費用を用意できたとしても、ロイヤリティーがどの程度になるかを知っておきたいところです。ロイヤリティーに関しては、店舗により変動しますが、およそ売り上げの3%から5%位が妥当とされています。契約期間に関しては、5年間が基本になります。

 

かつやのフランチャイズオープンするためには、まず都会ならばビルの中に店舗を借りる必要があります。一方で国道沿いの敷地に店舗を建てる場合は200坪以上の土地が必要になるでしょう。初期費用として、加盟金や建物に関する費用そして指定品を購入するとおよそ7500万円ほどのお金がかかると考えておけば良いです。

ただし、都会でテナントを借りる場合の初期費用はもう少し低くなりますが、5年間継続してお店を続けると同じ位の出費になります。

サイト内検索
記事一覧