おすすめ飲食店フランチャイズ(FC)経営ランキング!特に人気のオーナー募集をご紹介!【安定利益で儲かると評判!】

手作りお弁当
おすすめポイント創業10年で弁当チェーンナンバーワンの強豪
このランキングの最後に紹介するのは、株式会社プレナスが運営している「ほっともっと」です。
本来のフランチャイズであった「ほっかほか亭」と袂を分かち、独自のフランチャイズとして立ち上がったことは広く知られています。

まだ創業10年の企業でありながら、ほっともっとは同業界の店舗数においてナンバーワンとなっているようです。
当初は早期撤退論もささやかれていましたが、そうしたネガティブな要因を次々とはねのけ、わずか10年で弁当業界のキングと呼べるほどの成長を遂げてしまいました!

その強みとしては、天然素材のこだわりやカロリー健康の重視、そしてバラエティ豊かなメニューのタイミングのよい投入等さまざまではありますが、現在でのなお店舗数を増やすため、積極的なフランチャイズ加盟店を募集しています。

お弁当屋というのは薄利多売なイメージがありますが、携帯性に優れており、レストランのように大きな敷地を必要としないので手軽に出店できるというメリットも持っています。
そうした事情を考慮し、参入のためのハードルも他社と比較するとかなり低くなっています。
コストパフォーマンスという点のみを見れば、かなり優秀な部類に入ると言えるでしょう。

ジャンル
手作りお弁当
代表メニュー
(管理人チョイス)
のり弁当
特徴
弁当チェーンで店舗数ナンバーワン
エリア
全国
最低開業資金目安
500万円程度
研修・サポート
豊富な新メニューや期間(地域)限定メニューを定期的に用意

いったいなぜ、ほっともっとはここまで順調な全国展開を行えたか

ほっともっとと言えば、今や全国的な手作りのお弁当チェーンです。
ほっかほか亭との関係もあり、当初はあまり長続きせず撤退するという意見も見られましたが、そうした予想を裏切り現在も成長を続けています。
いったいなぜ、ほっともっとがここまで成長を続けているのかというと、それはこの会社が他の弁当チェーンにはないさまざまな特色や特徴を持っているからです。
ほっともっとでのフランチャイイズ加盟を検討するにあたって、この会社の強みも知っておきましょう。

ほっともっとがその他お弁当チェーンと大きく異なっている点、それは「健康」です。
お弁当のチェーン店というのはこれまで多くの人の間で「安かろう、悪かろう」というイメージがほとんど定着しているといってもよい状態でした。
価格を抑えるため、安い食材に着色料や化学調味料を豊富に使用しているため、健康的というイメージからはかけ離れている存在であってのです。
たとえばコンビニで販売されているお手軽なお弁当は、その代表格といってもよいでしょう。

しかし、ほっともっとはそうしたイメージをみごとにくつがえしてしまいました。
「ホットモットー」が掲げているモットーは「手作り」
機械ではなく人の手によってひとつひとつお弁当を手作りし、さらに素材は天然のものをふんだんに使用。
それに加えてカロリー面でも配慮がなされているため、とくにこれまでお弁当チェーンを避けていた若い女性からの支持を獲得し、今までにないシェアを築き上げました!

さらにもうひとつ、商品ラインナップのユニークさもあげられます。
今までお弁当チェーンというのは、どちらかといえばのり弁やしゃけ弁のような定番メニューで勝負をすることが多かったのですが、そうした戦略は飽きられやすく、いったん客離れがはじまると止まらなくなってしまいます。

しかし、ほっともっとは豊富な新メニュー期間限定メニューを定期的に用意することによって客離れをストップ、なおかつ固定客の増加につなげています。
そうした取り組みの代表的なものが、DAIGOさんの宣伝でもおなじみの「ご当地弁当」。
「室蘭やきとり重」や「まぐろかつ重」等、さまざまな限定食材を用いたスペシャルメニューは、全国規模で好評だったようです。

こうした、今までの弁当屋になかったユニークな取り組みを多数行うことによって、ほっともっとは弁当チェーンの中でも異彩を放っているというわけなのです。

準備すべき資金がきわめて安価であり、多くの人が開業可能

ほっともっとのフランチャイズ加盟のメリットはさまざまですが、なかでも一番注目したい点が、その参入のしやすさです。

今まで見ていただいた中でもご理解いただけるかと思われますが、飲食店フランチャイズ加盟のハードルというのは、どの業者も決して低いものではありません。
加盟を使用と思えば、数千万単位の開業資金が必要となってくるので、気軽に「この店をやりたい」とはならないのです。

しかし、ほっともっとの場合、そうした参入障壁がかなり低く設けられています。
開業のために必要な準備資金は、わずか290万円と圧倒的な安さ。
これに加えて加盟金および保証金にそれぞれ100万円が必要となりますが、それでも500万円程度であり、他の飲食店フランチャイズと比較するとかなりハードルが低く設定されているのです。
さらに、毎月支払わなければならないロイヤリティーの方も、月8万円と比較的安く抑えられています。

「飲食店フランチャイズに加盟したいけれど資金が不足しているから、まずは簡単に参入できるところを探したい」という方にとって、ほっともっとのフランチャイズは相性がよいと言えるかもしれませんね。

【ほっともっと】のFCサポートについて詳しく知りたい

 

手作り弁当でありながら、徹底された調理マニュアルと研修でクオリティを統一

ほっともっとはたとえばコンビニ弁当のような工場製のお弁当ではなく、店舗で直に調理する形の「手作り」をアピールしています。
しかし、そうした話を聞いていると「それなら、ほっともっとのフランチャイズオーナーは手作りでお弁当が作れなければならないのか」と心配になられる方もおられるかもしれません。
でも、大丈夫です。
フランチャイズ元も、いきなり自社の手作り弁当を調理できる人材を求めてはいないでしょう。

加盟したばかりのフランチャイズオーナーには、必ず事前研修を受けさせるようにしています。
この研修によって、弁当屋の運営法等の他、からあげの揚げ方やゴハンの炊き方、総菜の盛り付け方等手作り弁当づくりに必要なあらゆることを学べるようになっているのです。
さらに、長年時間をかけて徹底的にブラッシュアップされた調理マニュアルも用意されているので、前向きにがんばれば作り方をマスターできるようになっています。

もちろん、簡単に覚えられるというものではありません。
全国チェーンで人気のあるお弁当の調理法を覚えるためには、並々ならぬ努力が必要です。
だからこそほっともっとは、技術習得のためにがんばることのできるフランチャイズオーナーを求めているのでしょう。

参入障壁の低さの一方、場所によっては競争になりやすいという点も

このように、他のお弁当チェーンにはない特色を持ち、参入障壁も比較的容易なほっともっとではありますが、だからといって確実かつ楽に利益が出せるというわけではありません。

とくに大変なのが、地方の一部地域での展開です。
弁当屋というのは地方での個人商店がまだ残っており、全国チェーンはそういった業者との競争が避けられず、ほっともっともまた例外ではありません。
「味」がなにより重要視される手作り弁当業界では、個人のお弁当屋さんに全国チェーン店舗が撤退に追い込まれてしまうということもしばしば。
これはどの業界にも言えますが、決して慢心をもって取り組める事業でないと言えるでしょう。

ほっともっととフランチャイズ契約を結んだ方の口コミ・評判を集めてみました!

なし

ほっともっとというネームバリューです。また、中食産業という今後も伸びていく業態であるのも魅力に感じました。開業資金が少額の負担で済、開業した際にも既存店での営業を引き継ぐというスタイルであったので未経験者でも始めやすいフランチャイズ本部であると感じました。

引用元:https://www.franchise-kuchikomi.com/

→ほっともっとと言えば、田舎であっても都会であっても見かけることの多い、非常に人気の高い飲食業フランチャイズの一つです。低資金で開業を行うことが可能となっており、加盟金や保証金も100万円程度と非常に安価です。

デメリットを挙げるとすれば、どこの地域であっても見かけるという点からも分かるよう参入障壁が低いという点です。飲食業フランチャイズの中でも弁当屋のFCは非常に人気が高く、自分が出店した周辺により低価格弁当屋FCが出店してくる可能性も0ではありません。立地の選定は誤らないよう特に注意が必要ですね。




サイト内検索