おすすめ飲食店フランチャイズ(FC)経営ランキング!特に人気のオーナー募集をご紹介!【安定利益で儲かると評判!】

コメダ珈琲店(株式会社コメダホールディングス)の画像
おすすめポイント近年その知名度と評判向上中のコーヒーハウス
4位にランクインしたのは、「コメダ珈琲店」です。
コーヒーハウスと言えばこれまではスターバックスやドトールなどでしたが、ここ数年の間で知名度が向上し、出店数も増加しつつあります。

いったいコメダ珈琲店の何が高い評価を受けているのか?
それは、他のコーヒーハウスと比べて「品質」の面にかなり重きを置いているからでしょう。
これまでチェーン店のコーヒーハウスというのは個人事業のお店に勝てないと言われ続けていましたが、コメダ珈琲店が勢力を伸ばしはじめてからその常識が変わりはじめてきました。
コメダ珈琲店が提供している世界中から激選されたコーヒー豆を使用したオリジナルブレンドは、他のどのようなコーヒーハウスですら出せない、格調高い味わいをウリとしています。
また、スイーツもコメダの主力商品と言えます。
コメダのスイーツは決して甘すぎず、かといって薄みでもないちょうどよい味として、若い女性のみならず男性からも好評のようです。

こうしたさまざまな魅力を武器に、コメダ珈琲店は順調に成長し続けています。
今後さらなる全国展開を続けるために、フランチャイズオーナーを積極的に募集しています。
個人、法人双方募集中です。

地域に合わせた経営戦略を重視しており、自由度の高い経営が可能!

みなさんはフランチャイズ元に対して、どのようなニーズやリクエストをお求めでしょうか。
「しっかり利益を上げられるようにしてほしい」というのはもちろん誰もが求めること。
もっとも重要なのは、あなたがどのようなサポートによってより力を発揮することができるのかということなのです。
それによって、この項目で紹介するコメダ珈琲店との相性がどうなのか、ご理解いただけるのではないでしょうか。

フランチャイズ元がオーナーに求める姿勢というのは会社によってさまざまではありますが、大きくわけると二つになります。
ひとつは「手取り足取りサポートを行うから、とにかく利益をあげることを優先してほしい」というもの。
そしてもうひとつは、「オーナーとしての知識や経験をフル活用して、利益が上げられるようがんばってほしい」というものです。
このふたつはまったく正反対のものだということははっきりわかるでしょう。
前者は入念なサポートをしっかり行い、場合によってはオーナーが直接判断を下す場面がほとんどなくなるほどに支援を行ってはくれるものの、オーナーの独自判断による経営を許さない傾向が強いです。
自信の判断で積極的に動きたいオーナーにとっては、いささか窮屈さを感じられるでしょう。
後者は前者ほど徹底したサポートは行わないものの、オーナーの自主判断をできる限り尊重してくれます。
オーナーの社会人としての知識や経験を尊重しており、革新的なアイデアや宣伝戦略も受け入れてくれる可能性があります。

コメダ珈琲店はどちらかと言えば、後者の姿勢をオーナーに求めているようです。
いったいなぜなのかというと、コメダ珈琲店が地域ごとの特性や環境を考慮し、画一的な戦略ではなく臨機応変な戦い方を必要としているからです。
そのため、その地域の事情をよく把握しており、なおかつ社会人経験や経営知識が豊富なオーナーであれば、かなり相性がよいと言えるでしょう。

もっとも先ほども申しましたが、こうしたコメダ珈琲店のやり方は人によっては違和感を覚えてしまうかもしれません。
手厚いサポートを期待されている方は「こんなはずではなかった!」と後悔し、最悪の場合失敗という可能性もなくはありません。
そういった意味では、事前にこのサイトを閲覧していただくことで、コメダ珈琲店のスタイルを事前に把握していただけたというのはよいことではないかと思います。

ただの飲食店とは一風異なる、コーヒーハウスの魅力とは

コメダ珈琲店はその名前からもわかる通り、喫茶店やコーヒーハウスの部類となります。
スイーツや軽食も扱ってはおりますが、主力はコーヒーや紅茶といった飲み物となるでしょう。

こうした比較的単価の安い商品を扱う飲食店というのは、人によっては敬遠しがちです。
「商品単価が低い=大きな利益をあげられず、薄利多売である」というイメージが根強いからでしょう。
確かに、一部のコーヒーハウスフランチャイズの場合、そうした事実もあるというのは否定できません。
しかし、コーヒーハウスというビジネスには、それにしかない独自の「ウリ」があるということも忘れてはなりません。

それを知るにはまず「コーヒーハウスに人々はいったい何を求めてやってくるのか」ということを考えてみる必要があります。
みなさんの中にも喫茶店に通う方が少なからずおられるでしょう。
実は、この「通う」ということばが大きなヒントなのです。
コーヒーハウスというのは「常連」ができやすいビジネスモデルであるということです。
コーヒーを飲むというのはすなわち、少ない費用で自分だけのひとときを創造できるということ。
他の飲食店のように、ただ食べ物を食べる、飲み物を飲むというだけではなく、本を読みにきたり、考えごとをしたりします。
そのために、人々がコーヒーハウスや喫茶店へ通う機会というのは、他の飲食店と比較してかなり多いのです(だからこそ、コメダ珈琲店をはじめとする多くのコーヒーハウスは内装接客対応にこだわっているのですね)。

確かに、回転率や単価の低さというのは、充分に考慮しなければなりません。
しかし、こうしたデメリットを長所としてフル活用できる方であれば、コメダ珈琲店でのビジネスを成功させられるかもしれませんね。

【コメダ珈琲店】のFCサポートについて詳しく知りたい

 

フランチャイズとしてはかなり長い部類に入る、70日間の集中研修

先ほど、「コメダ珈琲店は地域の事情に合わせた戦略を求めており、そのために経営の自由度が高い」と述べました。
それならば「コメダ珈琲店はフランチャイズのオーナーを助けてはくれないのか」と不安になってしまう方も出てきてしまうかもしれませんが、そういうわけではありません。

なぜならば、コメダ珈琲店も他のフランチャイズ元と同様、充実の研修プログラムを用意してくれているからです。
このランキングサイトで紹介している業者は40日程度の日数のものが多いですが、コメダ珈琲店の場合かなり充実していて、なんと70日間もあります。
この期間に集中してトレーニングを行うことによって、コーヒーの注ぎ方から店内清掃を効率よく行う方法、スタッフの教育に経営戦略など、一人前のフランチャイズオーナーとしてふさわしい手法技術理論を学びます。

初期投資自体はかなり高額、回収には長いプランが必要となります

コメダ珈琲店は知名度や商品の品質も問題ないレベルではありますが、ひょっとすると人によってはその投資金額が気になってしまうかもしれません。

コメダ珈琲店でフランチャイズオーナーになろうとした場合、必要とされる初期投資というのは約8500万円とされています。
これはこのランキングで紹介している他のフランチャイズ業者と比較しても、かなり高額だと言えるでしょう。

この8500万円をあらかじめ引いた、あるいは借金したと考えた状態で、コメダ珈琲店のオーナーとしてがんばることとなります。
おそらく、ほんの2、3年でこの負債を返済するということはかなり難しいでしょう。
かなり長期的な資金返済プランが求められます。

コメダ珈琲店とフランチャイズ契約を結んだ方の口コミ・評判を集めてみました!

ハズレないと思います近くにコメダの店舗があり、個人的にもよく利用していますが、コメダのフランチャイズ経営はハズレないと思います。まずもってブランド力が非常に強く、競合店が近くにあるかどうか、あるいは交通量の問題とかに関係した店舗の場所さえ間違えなければ、確実に集客が見込めると思います。メニューについてはコメダの本部に任せておけば心配ないし、後は開店後の店員教育次第じゃないでしょうか。

ロイヤリティーが売り上げ額と関係ないという点も、オーナーにとっては有利な条件だと思います。ただ、開業資金の金額を金融機関から借り入れる時のアドバイス等を、コメダ側からしてもらえるのかどうか、この店を不安に思う人がいるかもしれないと思います。

引用元:http://independence.jobmark.jp/

→こちらの投稿者さんの指摘する、「競合点が近くにあるかどうか」や立地の問題は、フランチャイズに限らずどんなお店を出店する場合でも気にしなければならないことですよね。コメダ珈琲店はブランド力が強いですから、集客に関しては問題なさそうです。

ほとんどのフランチャイズでは、売り上げが上がればロイヤリティも上がる仕組みですが、コメダ珈琲店ではロイヤリティは一定額。そのため、開業資金を5~7年程度で回収できるオーナーもいるようです。

コメダ珈琲店(株式会社コメダホールディングス)を利用した方の口コミ・評判を集めてみました!

カツカリーパンの破壊力ったら。

娘2人と道草コメダ。

娘はアイスココア580円、私はアイスティー500円にカツカリーパン920円。

カツカリーパンは最初高いなぁと思ったけれど、出てきたの見たらデカイ!!一切れでお腹いっぱいになりそう…。

あったかくてふわふわのパンに大きなカツ、キャベツ、そして中村屋のカレーソース。たしかに中村屋の香りだー。さらにマスタードも付いてるようでしっかりとした辛味が感じられました。とてもとても完食できなかったので、お持ち帰りさせてもらいました。アルミホイルと手提げをいただけるのでセルフで包んで持ち帰れますよ。いいサービス、満足です。

別日にコーヒーチケットを使ってコーンスープにモーニングセット合わせたのですが、いい感じでした。

なんだかんだいってコメダってちゃんと美味しく作っているなぁと改めて思いました。チェーン店と思ってなめてはいけませんな。もちろんサービスもいいし居心地もいいし。

まだチケット残ってるので、利用します。

引用元:https://tabelog.com/

→コメダ珈琲は子供から年配の方まで幅広い年代の方が来店されます。幅広くどんな方でも訪れるということは流行など関係なく、長期的に安定する可能性が高いです。

投稿者さんの場合は娘さんと2人で訪れ、サービスが充実していたと高評価でした。例えば、コメダ珈琲は比較的量が多いので食べきれないことがありますが、そんなときもお持ち帰りが可能というサービスがあります。このようなサービスはお客さんも利用しやすいでしょう。

コメダ珈琲の基本情報

会社名:株式会社コメダホールディングス

ブランド名:コメダ珈琲店

URL:http://www.komeda-holdings.co.jp/fc/

代表者名:臼井 興胤

会社所在地:愛知県名古屋市東区葵三丁目12番23号

設立:2014年

電話番号:[西日本]中京・関西・中四国地区 : 06-4862-7803/九州地区 : 092-292-5233
[東日本]関東・東北・北海道地区 : 03-6450-5505
※受付時間:9:00~16:00




サイト内検索
記事一覧