おすすめ飲食店フランチャイズ(FC)経営ランキング!特に人気のオーナー募集をご紹介!【安定利益で儲かると評判!】

大戸屋(株式会社大戸屋ホールディングス)の画像
おすすめポイント関東での運営に強く、サポートが充実している
3位にランキングしたのは、和風レストランの「大戸屋」です。

大戸屋は主に関東地方に多く出店していますが、それ以外の地域でも北海道や大阪、名古屋等主要都市に進出しており、そういった意味では全国規模であると言えるでしょう。

店舗数のみで判断すれば、関東での経営に強みを持っていると言えるかもしれません。

この大戸屋のフランチャイズにおける強みは、オーナーを助けるためのサポートが充実しているということです。

オーナーに最大限の裁量権を与え、その後はその判断に任せるという業者も中には存在していますが、大戸屋はどちらかというと自由度よりもサポート性を優先し、あらゆる面で負担を軽減するための制度やシステムを用意しています。

こうした点は賛否分かれるところではありますが、どちらかと言えば今まで店舗運営をしたことがない、新米のオーナーと相性がよいかもしれません。

開業資金の目安についてですが、これは1000万~3500万程度となっています。

加盟金や保証金等も必要です。

経営者でない個人でもフランチャイズオーナーとなることが可能ではありますが、初期投資の資金調達等事業計画について確認が必要となる場合があります。

本部がメニュー開発から食材の仕入れまで行ってくれるので、ほとんど手間いらず

フランチャイズ加盟店制度について、私個人としてはもっと多くの方が利用してもよいと考えています。
個人で飲食店を立ち上げるよりもはるかにローリスクで、しかもマーケティング担当やアドバイザーが全面的にサポートをしてくれるのですから。

それでも多くの方がフランチャイズ加盟に二の足を踏んでしまう理由は、やはり「自信のなさ」なのかもしれません。
おそらく、現状フランチャイズを検討されていてこのサイトを閲覧している方の多くは、飲食店を経営したという経験を持ってはいないでしょう。
たとえば「明日からお前はラーメン屋をやれ」と言われたって、ほとんどの人はろくにラーメンを作ることすらできませんし、店舗の運営など以ての他です。
そうしたある種の恐れのような感情が、フランチャイズ加盟を思いとどまらせているのかもしれません(その他にも、資金の高さ等も原因に挙げられるでしょうが)。

そうした「不安」要素を解消するため、各フランチャイズ元はさまざまな制度やシステムを用意しています。
このランキングで3位となった大戸屋の手法は、多くのフランチャイズにとって模範的とも言える効率の非常によいやり方です。

大戸屋が行っているのは、店舗運営、とくに利益向上や店舗維持に不可欠な業務やプロセスを、本部で代行するというものです。
たとえば、新メニューの開発
いつもいつも同じメニューばかりでは、常連からも飽きられてしまいます。
お客というのは新しいものを求めがちです。
ですから定期的に新メニューを考案する必要がありますが、知識の不足しているオーナーにとってはなかなか至難のワザと言えるでしょう。
よって、新メニューの開発は本部の企画開発スタッフが代わりに行い、フランチャイズ店舗はそれに従ってメニューを用意するだけというシステムを整備しています。
これならば、新メニュー考案に頭を悩まされることもないでしょう。

さらに、経験の少ないフランチャイズ加盟者にとってはある種の鬼門とも言える「仕入れ」についてもカバーしてくれます。
食材等の仕入れはすべて本部が集積した顧客データに基づいて、ほぼ自動的に代行してくれるので、かなりの効率化が期待できます。
仕入れ不足による機会損失や、過剰仕入れによる在庫過多もほとんど起こりえなくなるでしょう。

手厚いサポートの一方、人によっては自由度の低さが足を引っ張ってしまうことも

こうした、本部がフランチャイズ加盟店の代わりに一部の業務を代行するというシステムは、大戸屋以外にも多くのフランチャイズ元が実施しています。
一見、高い効率が期待できるよいシステムのように思えますし、経験が不足しているフランチャイズオーナーにとっては助けられることも多いでしょう。

しかしこうした手厚いサポートは、すべての人にとってメリットとなるとは限りません。
人によっては、こうしたあらゆる代行システムを「煩わしい」と感じることもあるでしょう。

たとえば、店舗に対して「自身の城」としての認識が強く、自分の裁量で運営を行いたいといったような方です。
そうした方にとって、新メニューが自分で考案できなかったり、仕入れの量が勝手に決められてしまうというのはまるで身体を拘束されているようなもので、自由度の低さを感じてしまうでしょう。
事実、こうした点で本部の言いなりになってしまうことに不満を覚え、フランチャイズ経営が失敗に終わってしまった方も少なからずいるようです。
フランチャイズ経営において自由度の高さ、運営していく楽しみを重視される方にとっては、オーナー側の裁量が大きいフランチャイズ元を選んだ方がよいかもしれません。

フランチャイズ業者を選ぶうえではその業者の事業や知名度、人気等で選ぶことが多いですし、それはある意味正しいことだと言えます。
しかし、業者がフランチャイズオーナーに対してどういったことを求め、そのためのどのようなシステムを用意しているかということも、満足のいく店舗運営のためにしっかり把握しておくべきではないかと、個人的には考えています。

【大戸屋】のFCサポートについて詳しく知りたい

 

47日間のオープン前研修によって、確実な成功を目指していく

先述した新メニュー考案や仕入れの代行に関する説明を読み、「じゃあ大戸屋ではオーナーは何もしなくてもいいのか?」と思われる方がひょっとするといらっしゃるかもしれません。
しかし、決してそういうわけではありません。
本部が代行しない部分でフランチャイズオーナーもがんばってもらう必要があり、そのために最低限の知識スキルを習得することを、大戸屋は求めています。

そのための知識技術を習得するために用意されている制度が「オープン前研修」です。
この研修によってオーナーは大戸屋加盟店の店長としてふさわしい能力を持った人材となるべく、集中的に教育を受けます。
期間は47日間とかなり充実しているので、多くのことを学べるでしょう。

それに加えて店舗オープン後も、原則として月1回以上、本部から派遣されてきたスーパーバイザーによる指導やサポートを受けられるようになっています。

エリア的には関東が中心であり、それ以外の地方ではそれほど影響力が大きくないかも

この大戸屋の店舗数について調べていただくと、「関東地方に集中している」ということがご理解いただけるでしょう。
実際に公式HPを見ていただけるとわかることではありますが、関東エリアでは200店舗以上オープンしていますが、その他の地域では数十店舗、場所によっては数店舗にとどまります。

こうした事実は、この大戸屋の知名度が、関東地方とそれ以外の場所では少なからず差が生じているということではないかと個人的には考えております。
よって、関東地方に出店する場合と、それ以外の地域で出店する場合は、やや環境的に有利不利が出てしまう可能性があるかもしれません。
そうした点を念頭においたうえで、検討を行ってみるとよいのではないでしょうか。

大戸屋(株式会社大戸屋ホールディングス)を利用した方の口コミ・評判を集めてみました!

スタッフさんたちが元気でよろし!オーダーはタッチパネル式だった。

新丸の内センタービルに入っている、定食屋チェーン「大戸屋」です。
隣のロンフービストロをたまに使うので、存在は知っていたものの、結構混んでるんですよね。
ある夜チェックしてみると待ちなし!ようやく利用することができました。

店内に誘導されたもののほぼ満席。
窓際の2人卓へご案内いただきました。
はぅっ!メニュー表も置いてあるものの、オーダーはタッチパネルだ。
オジサンにはムツカシイタッチパネル・・・がんばろ。

後客も途切れず、安定した人気のほどがうかがえます。
老若男女に必要とされている大戸屋、やっぱりさすがですね。

引用元:https://tabelog.com/

→和風レストランの大戸屋は、関東地方に多く展開しています。人気店のため並んでいることも多く、投稿者さんもようやく利用できたそうです。

そんな大戸屋をフランチャイズで運営するのにあたり魅力的なところは多くあります。その1つが店舗の運営に関する業務を本部で代行してくれることです。タッチパネルのオーダーなどさまざまな革新的な手法を考え、取り入れてくれます。フランチャイズ運営に自信のない方にはありがたいサポート体制ですよね。

大戸屋の基本情報

会社名:株式会社大戸屋ホールディングス

ブランド名:大戸屋ごはん処

URL:https://www.ootoya.com/fc_top.html

代表者名:窪田 健一

会社所在地:〒180-0006 東京都武蔵野市中町1-20-8 大樹生命三鷹ビル5F

設立:1983年5月




サイト内検索
記事一覧